Maki : フォトグラファーの感覚が優先する撮影

この撮影において・・モデルのポージングが恣意的であれ意図的であれ、フォトグラファーの撮り方が全てを優先してしまう撮影になっていると思える。 撮影というのは面白いもので、モデルの恣意的なわがままなポージングを追い回すようにシャッターを切っていく場合もあり、意図的にポージングを創りあげていこうとするポージングをカメラが追いまわしていくこともある。 このような撮影になるのも、モデルとフォトグラファーの相性の問題があったり、その日の撮影のコンセプトに因ることもあり、モデルの様々な”コンディション”に因ることにもなる。