「ぼくらの国会」青山繁晴+三浦麻未

「ぼくらの国会」青山繁晴+三浦麻未

私がオススメのYouTubeチャンネル。 青山自身は参議院議員であり、「護る会」を立ち上げ、しごく当たり前の”解説”を展開している。 右でも左でもなく、”正論”を展開しておられる。 今の総裁選を通して、「グローバルな立ち位置で、今の日本に何が求められているか?」を分かりやすく解説されてます・・秘書の三浦氏のサポートにも助けられ・・。  

今回の総裁選では、青山は高市早苗の推薦人になっており、もし、高市が決選投票で勝ち上がるようなことになれば、青山は防衛大臣に起用されることになるのではないか?と期待してます。 ところが、岸信夫(現防衛大臣)も高市支持であることから、この辺りは難しい選択となりそうですね。 岸防衛大臣は続投として、青山を外務大臣に起用しても面白そうですね。 

「右」とか「左」とか・・

政治用語では、左とは左派(左翼)のことで、右とは右派(右翼)のこと。 最近の30代以下の方たちには、右とか左という言い方は死語になりつつあるので、改めて解説しときます。 また、左を革新という言い方をしますが。右は右翼と言わず保守という言い方をするのが普通です。 ・・・右翼と言うと、街宣車に乗った騒々しく暴力的なイメージがあり、自身を右翼という言い方をせず、保守という言い方をします。 同様に、左翼と言われる人たちは、自身を左翼とは言わず、革新という言い方をします。 政治活動をする者の多くは、自らが王道(本道)であると考えることから、自身を右だとか左だとかという言い方(紹介)はしません。 

革新であれば「左」、保守であれば「右」と思えばよいでしょう。 

アメリカの共和党と民主党を例にとれば、分かりやすいと思います。 

共和党は保守党とも呼ばれ、旧来の慣習・価値観などを重んじ、宗教色の強い人たちも多くいます。 一方、民主党はリベラルと呼ばれ、政治的な穏健な革新を目指し、社会的公正や多様性を重んじる自由主義であり、無宗教の人、社会主義的・共産主義的思考の人たちもおり、社会自由主義という言い方もします。

ソビエト連邦が崩壊するまでは、世界は共産主義国家(左)と資本主義国家に二分されてましたが、現在残っている共産主義国家はおよそ5カ国くらいで、中国、キューバ、ベトナム、ラオス、北朝鮮くらいです。 一党独裁の社会主義国家という言いもします。 ベトナムは近い将来、民主化され、資本主義国家になることは時間の問題とも言われます(南シナ海の中央に位置するベトナムを日本などの資本主義国家と価値観の共有できる国にしておくことは、経済的にも戦略的にも重要だと言われます)。

共産主義国家は結果平等を建前とし、資本主義国家は機会平等を唱え、実施していると考えても良いでしょう。 結果平等・・・貧富の差を出来る限り無くしていく国家主導のシステム。 もちろん、我が国は資本主義国家です。 

現在の中国は、資本主義経済を導入した共産主義(一党独裁)国家で、目覚ましい経済発展を遂げたが、民主化は進まず、むしろ逆行している状況です。 不動産大手の恒大集団は、”見せしめデフォルト”もありうる状況になってます・・・結果平等を唱える国家としては、一企業の救済が出来ないということです(リーマンショック以来の出来事になるのではないか?と、危惧されてます・・ニューヨーク市場で株価が急落してます。 2021.9.20)。 

記者クラブはなくした方が良いね

賭け事が好きなイギリス人が始めたのだろうが、

ブックメーカー(国ではなく民間組織)というのがあって、

賭けの対象となるようなことがあれば、何でも倍率を付けて売りに出す。

海外でも政治経済関係者以外はは、日本の総裁選などには興味ないだろうから、

買い手はなく、売りには出してないだろうが、

例えば、河野に1.8倍、岸田に2.8倍、高市に3.6倍、野田に100倍というように。

1÷1.8 + 1÷2.8 + 1÷3.6 +1÷100≒ 1,1~1,2

倍率の逆数の和が1,1~1,2になるようにしておくと、確率的にはブックメーカーには

売り上げに対して、0.1~0.2(10%~20%)の利益が上がる仕組み。

(日本では)これも既得権益なのだろうけど、ギャンブルは国営か公営に限られる。

(公務員の天下り先になるから・・)

だから、日本ではブックメーカーは認可されません。

総裁選をギャンブルの対象にするとなると、不謹慎だと言われそうだが、

上に記したような倍率で売りに出されたなら、高市の3.6倍は買いじゃないか・・

と、思う人はいるかもしれない。

この倍率というものも日々変動するもので、

高市が一気に票を伸ばしそうなので、当日は2倍くらいに下がるかもしれない。

記者クラブ主催の討論会では、顕かな(偏向・差別)がありましたね。

河野、岸田には答弁する時間が長く、女性二人には短った。

(河野と岸田は外務大臣経験者だから・・という言い分けをしながら)

質問者は、読売、産経、朝日、毎日から各1名。

中道から左派系のオールドメディアなので、

高市には喋らせたくなかったのだろうね、

「こういうやり方は、女性差別じゃなのか?」

と、高市あたりが突っ込んだら面白かったのに・・

メディアの使命は真実を伝えることにあるのに、

自分たちが世論を代表しているような気になっているのかな?

改めて分かったことだが・・

記者クラブはなくした方が良いね。