Making the conscious the unconscious

無意識下にあるものを意識下に治めること

ドキッとしたり、ハッと思うことがあれば、そういうことなのかな・・と思う。

以前にこういうことを言っていた人がいた

「真似するんじゃなくて、盗めばいいんだよ・・」

アートの世界においては、とても的確で説得力がある

真似することはコピーすること、

盗むことは、自分の中で消化し、再出力すること

でも、新たな個性をもって、以前にあったものより美しく収めること

でないと、その行為自体に意味がない。

Belgium Trip

Belgium Trip

ベルギーへの旅というより、展示会のために滞在した6日間

この写真はアントワープ市内でのスナップ

滞在したギャラリーはアントワープから電車で20分の所に位置しているので

アントワープ市内の散歩はこの日の4時間だけ

アントワープが位置するベルギー北部(オランダとの国境に近い)では、

若い人たちは普通に英語が流暢、

普段はオランダ語( アントウェルペン方言 )だけど・・

帰りに道に迷い、地元の人に駅に戻るための道を尋ねようと思いましたが

地元の人と旅行者の区別がつかない、

あきらかに地元の人と思われる人はたぶん英語は伝わらない・・

それに、ちょっと危なさそう

なんとか、駅へはたどり着きましたが、電車を一本乗り過ごした

それで、50分帰りが遅くなった

パリに3日間滞在した後に、ここにやって来たこともあり

その間、ラテンからゲルマンに移動したことになる

北へ400キロほどだろうか、ブリュッセル以北はゲルマン、

ベルギー国内は、南がラテン(フランス語)、北がゲルマン語族(オランダ語)

に二分されていることから、国内事情は複雑とのこと

ラテンからゲルマンへ・・何が変わるかというと

髪色が黒、茶色から、金髪、白髪に代わること

背丈はフランスでは僕と同じくらいで、男子は180cmくらい

ゲルマンになると190cm近くなる

何事もそうなのだろうが、平均で言うことに意味はない

ゲルマンでは、200cm近い男子が普通に歩いているということ

僕が出会った人たちについて話すと・・

フランスでは、日本人は英語しか話せないことを彼らは知っているので

普通に英語で対応してくれる

アントワープでも同じ

滞在中に会食する機会があって

日本人の僕と展示会へ参加したフランス人2人とベルギーの

ギャラリーオーナーでもあるベルギー人、そして、ポーランド人女性

当然のように、フランス語と英語が行き交う

正直なところ、英語は簡単なことしか聞き取れないし喋れない

(契約書などに書かれている英語は分かるし、大切なことは英語で筆記している

それなのに、なぜ聴き取れないのか?

そんな僕を見て、EUの人たちは不思議そうにしている)

フランス語は全くダメ、普段聞きなれない音が多すぎて手に負えない

同じようなことは、北京にいた時もあった、ない音がたくさん聴こえてくる

人の名前を呼ぶときぐらいは正確に発音したい、でも、違う・・と言われる

頑張って、真似てみるがそれでも違う・・と、自分の中にない音は出せない

この国、日本は家族社会なのだろうか、

僕には、世間との付き合い方が分からないことが多い

物心ついたころから、自分は異邦人のように感じてきた

ところが、EUにいるときは、外国人であることにかわりはないのだろうが、

多民族国家であることから、特別視されることもない

個人主義が徹底されているから、他人へ干渉しない・・と言えばその通りだが、

僕が出会った限りでは、親切で温かい人ばかり・・

そして、二度の世界大戦を経ていることからだろうか、

”平和への在り方”が真摯に受け止められている

中立を宣言してしたにもかかわらず、侵攻された歴史もある。

Maturity consists in having rediscovered the seriousness one had as a child at play.             … Friedrich Nietzsche

成熟するということは、悟ということじゃなく、

いつでも初心に帰えれる・・と言うことですね。

May this year be another good one.

Happy New Year from Tokyo, Japan

「なぜ、あなた方は原発を再稼働したのか?」

この疑問は、ベルギーの滞在中に彫刻家の奥さんから呈されたこと。

食事中でもあり、その返答には窮しましたね、

後で考えたら、日本語でも応えられなかったと思う

ドイツもイタリアも国民投票で原発廃止を決めている

隣りのフランスでは、電力の70%は原発に依存しているし、

スイスでも、原発による電力をイタリアなどに輸出している。

その奥さんの「疑問」の裏には、広島、長崎ときて、

福島まで経験した地震国の日本がなぜ今更、再稼働に踏み切ったのか? 

これほどの大事なことを国民投票で決めなかったのか?という、

率直な気持ちがあったのだと思う。

Being

Being

ここは、海外からの訪問者も多いことから、

タイトルくらいは、アルファベット表記にしておきたい

内容もフランス語か英語で書けばよいのだろうが、そこまでの語学力はない

”作品ありき”で続けていこうと思う

FBでのコメントを読みながら、

展示会での来場者の反応やらを見ながら、

どのように作品が伝わっているのか、様々に観察している

その人の”背景”の違いに興味がある

気候の違い、言語の違いから来くる思考の差異、

その有無は別として宗教観の違い、歴史的・文化的背景、

大陸か、半島か、島国か、の違いによる地理的相違など。

インターネットの普及から、それらの差異は埋まりつつあるが、

それがゆえに、個人の在り方の違いは、

ますます”顕著”になつつあるような気がする。

K-POP

最近の K-POP のレベルの高さにびっくりしている

アジアでは最強であり、国際水準にある

神の領域にあるマイケル・ジャクソンには及ばないにしても。

僕は、国境を越えていくもの、

すなわち、海外でも認められるものに”真の価値”があると思ってきた

ここは、島国なので、この国だけで完結してしまうことに、嫌気がさしていた

円(¥)の強い時代でもあったし、

この国だけで認められる”お山の大将”的存在であっても、

名誉もお金も十分得ることが出来た

UKロックのコピーであったり、

アメリカのポピュラー・ミュージックの真似をしてれば

それで、済んでいた時代を見てきた

ところが、2000年を境に”時代”が変わってしまったことに、

最近になって気付き始めている

これまでの”古い思い込み”を打ち崩したのは、

「多様性の浸透」にあったと思っている

国境を越えていくとか、世代を超えていくとか、

そういう、メジャー志向自体が過去の遺物となった

モムスの出現がそれらを実証している。

・・・ところで、ここだけの話になりますが、

K-POP を見たら、この国のアイドルは見れませんよ、恥ずかしくて

楽曲のクオリティー、歌唱力、ダンスのカッコよさ、どれをとっても勝負になりません。  最近の女性(年齢に関係なく)が夢中になるのが理解できます。 僕は興味ありませんが・・

reason for existence

直訳すれば「存在の理由」ということになるが、

「存在する意味」と訳したい

私には交通違反程度の不法行為はあっても、いわゆる、法を犯したことはない

ただ、「道義的責任」となれば、

自分が感知する範疇だけでも相当数になると思っている

無宗教な私には”懺悔”という行為(慣習)は存在しない

したがって、歳を経るごとに”悔い”は積み重なる一方だ

今や、リュックサックいっぱいの”悔い”を背負い込んでいる

おかげで、若い頃よりずっと、”足腰”は強くなった。