L’Eurydice

L’Eurydice

画像のデザインはAnna Uchiyama です。

出来れば、ここで年一回ペースで個展をしたいですね。

サロンのマネージャーと交渉してみます。

1つことが進めば、次へ・・と、際限なく求めるようになりますね

自分の作品が展示されているのを観ることは楽しみです、というより、

その作品を観ている人の反応が楽しみ・・というより、怖いかもです。

展示者としては、スルーされるのが辛いですね。

10人の人が見て、その中で一人止められれば良いのですが・・

Anna Uchiyama – Testuro Higashi Photo-Exhibition

Anna Uchiyama – Tetsuro Higashi

Photo-Exhibition starts on November 13.
Produce & Direction : Galerie 15 Rachel Hardouin
L’Eurydice : 79 Rue du Cardinal Lemoine, 75005 Paris, France

僕が写真家として認知されるようになってから、

いつも思ってきたことが、

「パリのサロンで個展が出来たらな?」ということでした。

今回、それが実現したことはとっても嬉しい。

このサロン L’Eurydice は、500年くらいの歴史ある老舗。

それも、サロンの方から、「Testuro Higashi の作品を展示したい」

というオファーがあって実現したとのこと。

僕は欲深い人間ではないけど、

今年展示する作品は既に”過去のもの”、

3か所での展示があり、展示数も40点位にはなりそう。

それでも、今回、パリに行くことの真の目的は

来年の展示会の具体的な話をするため。

私は何処との契約もなく、全くのフリーランスなので、

どこで展示会をしようが制約はないのです。

この世界の要人ともアポを取っており、

展示会場にいるよりも、そちらの方が忙しくなりそうです。

Grand Palais Paris  -  Paris Photo 2019

GRAND PALAIS PARIS  -  PARIS PHOTO 2019

Paris Photo is the largest international art fair dedicated to the photographic medium and is held each November at the historic Grand Palais in Paris. Since 1997, the Fair’s mission is to promote and nurture photographic creation and the galleries, publishers and artists at its source.

The 23rd edition of Paris Photo will take place Thursday, November 7 through Sunday, November 10 with a preview day on Wednesday, November 6 (by invitation only).

………. by Paris-photo : https://www.parisphoto.com/en/fair/About/

……………………………………………………………….

Photo-Exhibition is held at Galerie 15 Rachel Hardouin which is authorized from Paris Photo 6th November ~ 15th December. Photo-exhibition at Salon L’Eurydice starts 13th November. My photo is also exhibited at Carrousel du Louvre .

Galerie 15 Rachel Hardouin : 15 Rue Martel 75010 Paris, France

L’Eurydice : 79 Rue du Cardinal Lemoine, 75005 Paris, France

モデルと写真家の関係

モデルと写真家の関係は、役者と監督の関係と似ている

台本を渡された役者は、撮影前に既に役作りをしてくる

それと似たように、写真撮影もコンセプトが決まれば、

モデルは、そのイメージ作りをしてくる

問題なのは、モデルと写真家の相互に作るイメージが

甚だしく隔たりがある場合

撮影の回数を重ねながら、お互いに歩み寄るしかないこともあるし、

モデルによっては、注文も出さずに、こちら側から合わせることもある

また、詳しく説明しながら、こちらからモデルに理解を求めることもある

この撮影の場合は、「浮世絵」のような作品にしよう!

というのが、僕の求めるコンセプト

「表情もポーズもカメラ目線にならない」

    ・・これは、いずれの撮影でも同じ

「顔は無表情で、意識した作り込んだようなポーズはしない」

”絵になってほしい”と言うのが僕の注文

無表情で意識的でないポーズを・・・と言われたら、

モデルとしては、カメラの前へ立ちようがない・・とも思う

そういう無理な注文を出してる自分もいる・・

Paris Photo : Carrousel du Louvre

Paris Photo … カルーゼル・デュ・ルーヴル (仏: Carrousel du Louvre)

私の写真が、 カルーゼル・デュ・ルーヴル (仏: Carrousel du Louvre) の入り口に展示されるらしい。 今回、パリフォトに参加する Galerie15 Martel の紹介写真(広告塔)として一枚展示されるらしい・・・私の勝手な推測。

ここのエントランスに写真が展示されるのは、日本人では二人目とか・・

とても名誉なことらしいが、実感がない。

僕で良いのだろうか・・とか。

世界最大規模の写真展であることは知っているが、

それ以上のことはほとんど分からない。

行ってみてから、詳細は「報告」します。

パリフォト自体がどのような仕組みで運営されているのか、

規模は、出展者の選考などはあるのだろうか、

それとも、ギャラリーや組織の推薦とか。

やっぱり分からない。

それと、僕はパリフォトが指定?する  Galerie15 Martel のグループ展にはもちろん参加しますが、サロン(詳細は後ほど・・)で個展もします。 20~30作品になるので、とても楽しみにしてます。 いずれの展示会も、11月初旬から12月中旬までです。

Galerie15 Martel はこの写真の㉜になります。

お時間があればいらしてください、14:00~18:00まではここに、

20:00以降はサロンの方へ居ます。