生と死について・・

モデル:Yuugao.I.

生きることと死ぬこと

僕にとっては、「生」と「死」は対極にある。

どう生きようか?とは思っても、どう死のうか?とは、考えない。

生は現実に生きているという意味で日常であり、

当分、死にはしないだろうという意味で、死は非現実なのです。

ところ、最近会った人に

「また会えるのはいつかな?」と尋ねたら、

サラッと、「生きていればね」と言われた。

その時、とっさに感じたのは、

生と死が隣り合わせなのかな?

その境目がはっきりしていない・・。

最近、30前後でなくなっている俳優さんがいるが、

何となく、解せるような気がしてきた。

生きていてほしい人ほど、いなくなり

そうじゃない奴ばかりが残される、

順序が違うぞぅ!

アメリカ・大統領選挙 

モデル:Yuugao,Imai

アメリカ・大統領選挙について・・

多くの疑問があるので、とりあえず、簡単なことから・・

74歳と77歳の”決選投票”になること自体が先ずおかしなこと。

一人はボケが入ってるというし、

大統領選の時期、仕組みからいっても、

今回は仕方がなかっただろうが、

それにしても、もう少し若い人を候補にしなくては。

政策論とかをそっちのけにして、けなし合いになっている

トランプはあの通り乱暴な発言ばかりだし、

バイデンは、息子の件を含めて闇(Black State)が深そうだし、

どちらが当選しても”ボロボロな大統領”誕生ということになる。

私個人としては・・

保守(共和党)とネオコンとの繋がりなどもあって、

リベラル(民主党)が進めるグローバリズムというものを

”人類の知性”として信じてきた。

ケネディーの登場はその象徴でもあった。

ところが、21世紀に入ったころから、雲息が怪しくなってきた。

リベラルという在り方の背後に”闇”が潜んでいそうなのだ、

というより、闇(Black State)が暗躍していると考えた方が

辻褄が合うように思えてきた。

BLM(Black lives matter)にしても、

市民運動?と思いきや、暴徒化しているし、

誰かが巧みに操っていると考えた方が納得しやすい。

トランプの支持層は、中部(田舎)の白人のブルーカラー

一方、バイデンは都会のインテリ層と非白人。

私はどちらも支持しないけど、出来れば、トランプに勝ってほしい。

現在の国際情勢から判断すれば、

経済力と軍事力による 中国VSアメリカの構図。

アメリカが”弱腰”になれば、中国の横暴がまかり通るようになる。

結果、アメリカが空母打撃群を南シナ海に本気で投入することになりかねない。

局地的とはいえ、衝突は困るんだよ・・

今回は”対岸の火事”では済まないのだから。

「作品展」

artist model : https://tetsurohigashi.com/anna-uchiyama/

キース・ジャレット(Keith Jarrett)

画像は model : Yuugao Imai

キース・ジャレット(Keith Jarrett)

2018年以来、2度の脳卒中を患い、左半身麻痺に近い状態であるらしい

私が、45年前にケルンコンサートを聴き、最も感銘を受けたピアニスト。

その後、彼以上のピアニストに出会っていない。

先日、トリオでのベーシストで活躍した

ゲイリー・ピーコック氏(Gary Peacock)の訃報があり、

”時代の終焉”を迎えたようで寂しい。

でも、私の中では彼らは不滅ですが・・

私は、この作品の中のGaryが最もお気に入り。

装えば人はかわる

装えば人はかわる

かわると言っても、これまでに見せたことない自分を見せるだけで、

別の人に成れるわけではない

自分の親しい人が、

自分には普段見せない顔を別の誰かに見せると

意外な印象を持ったり、

場合によっては嫉妬みたいなものを感じたりもする。

「世捨て人の目」 https://tetsurohigashi.com/%e4%b8%96%e6%8d%a8%e3%81%a6%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%9b%ae/

ヌードは畳の上

ヌードは畳の上    model : Yuugao.I.

畳の上のヌードは色っぽい

女体の柔らかさがでやすい

人によって違うし、写真家にもよる

視覚的に捉えた柔さと手触りの柔さと

そのアプローチの仕方によって、絵は違ってくる

私は両方から、欲張りだから・・

撮影してるときは、そういう意識はないのだけれど、

撮れた絵を見ていると、すぐ手に届きそうなヌードと

何か厚い壁があって、永遠に届かないヌードがある

そこには、撮影者とモデルとの”無意識の距離感”があって、

その距離感は、既に撮影時に生じといることのように感じる。

”少女は今” 

したのURLから・・

https://tetsurohigashi.com/%e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%81%ae%e4%bb%8a/