モデルさんにもいろいろな方がいる

モデルさんにはいろいろな方がいて、大分けすると、プロの方、アマチュアではあるが経験値が高い方、全く初めての方(初心者)。

プロの方は、既にフォトモデルとして、また、絵画・作品モデルを仕事としている方。 フォトモデルをすることを”趣味”としており、それなりに多くのフォトグラファーのモデルを経験している方。 最後は初めての方ですが、僕が声をかけてモデルになってもらう方もいれば、モデル側からのコンタクトで撮影が決まる方もいる。

プロのフォトモデル・美術モデルの方は、ポージングなどは既に心得ており、その日のコンセプトに合わせて「作品創り」に専念できます。 私が撮影する場合は、海外での展示会に出展することが前提となっており、モチベーションは高く、全力での撮影になります。 

アマチュアですが、趣味として、時には他の仕事をしながらライフワークとして(ヌードでの)被写体をなっていただくことが多くあります。 私の撮影では相互に費用は発生しませんが,普段は仕事をしており、モデルフィーを頂いてモデルをしていれば、”副業”と言えるかもしれません。

デッサン会・クロッキー会にご興味のある方へおススメ

私が普段撮るケースが一番多いのが、「初めてのヌード撮影」となる方です。 年齢は20代前半が20%、30代前後が30%、40台前後が30%、50台前後は20%位です。 若い方々は、若い時のヌードを残しておきたいから・・という方もいますが、ヌードで表現したいという強い意志を感じることも多くあります。 私が写真家として海外で活躍していることを知っており、フォトモデルとして展示されたいという願望もあるそうです。 30代から50台前後の方々は、以前から「一度はヌード撮影をしたかった・・」という方が多く、それならば、信用できるフォトグラファーに頼もう・・ということらしいです。 海外での展示会では、日本と違って、若いから価値があるのではなく、フォトモデルとしての存在感ににあり、年齢は関係しません。 実際にEUで展示した際にも、20代から60代まで、被写体となられる方の年齢は幅広いです。 また、男性も多く被写体となってます。  

最近、私が特に感じることは、「ヌードで表現したい、自分のヌードを形(作品)にしたい・・」という強い希望・願望を持った女性が多いことです。 このことは、年齢に関係しません。