Shohei Muto

Shohei Muto (むとう しょうへい)

日本の天才クリエイター。 知名度は低いが、私の知る範囲では最も優れた画家の一人であり、デザイナー、広範における作家とも言える。

先日、世田谷・経堂にあるGalerie#1317 にてスマホで撮った画像なので、”彼の感覚”の本質が伝わるかどうか、自信はもてない。 ぜひ、実物を観ていただきたい。

実際の彼は、何処にでもいそうな”飲兵衛なオヤジ”であり、そのオヤジの心にこのような”絵”が宿っていることを知り、表現は難しいが、この上なく、愛おしく、悲しくも幸せな想いである。

一見するだけで、目が点になるほど作品が美しい。 こういう風な鉛筆画を描く人は、過去から現在に至るまで、いくらでもいたし、誰でも簡単に描けるが、ある種、グロテスクで偏執的な絵柄をここまで美しく見せる作家を私は知らない。

展示会当日、彼が盛んに私に尋ねてきた・・「こんな風に描き続けてよいのだろうか?」と。 これ程までの作家に私からの助言などあろうはずがない。 また、「作品が小さすぎないか?」と。 サイズに関しても、本人の好みで決めること、私ごときが口を挟む余地はない。

私が、この人の存在を知ったのは、FBであり、観た瞬間にこの人のファンになった。 幸運にも、彼も私のファンであるらしく、相思相愛であるらしい。

天が彼に“才”を授けたなら、ちょっとでもよいから、生きる器用さも与えてほしかった・・私の正直な想いだ。

「矛盾する絵柄」

この椅子らしきものを観ていただきたい。 デザイン的には、普通な感覚からすれば、どう見ても絵柄が”矛盾”している。 その上、木工に布らしきものであるにも関わらず、メタリックな印象が強い。 どこまでも、矛盾している・・

彼の創作過程は、最初に大まかなイメージがあるのではなく、徐々に描き広げていくらしい。 

限りなく研ぎ澄まされた感覚の成せる業である・・と解説することは易しい。 だが、それだけだろうか? それだけで、これだけの作品が仕上がるとは信じがたい。 私の感性の範疇を超えるところで何かが起こっているのだろう。

美術館が良い作品を永久保存することがその使命であるなら、「むとう しょうへい の作品」こそ、未来に残されるべきだろう。

むとう しょうへい https://www.facebook.com/profile.php?id=100010188933102