– Web gallery – Shinji Ono photography nude 3

Shinji Ono 氏の作品は”麻薬”のようなものがあって、なぜなのか、とりつかれてしまうようなところがあって・・写真家とモデルさんの微妙な距離感なのか、”ストーリー”があるんですよね。 ”忍び合い”のような哀愁が漂うのですね。 愛があるんですよね(僕の嫉妬ですかね・笑) 作品から受ける僕の勝手な想像です・・。

今、私は「小さな空」を聴きながら編集してます。 

この人は、絶対、写真を上手に撮ろうなどと考えてないね。 人生の一コマとして、記憶に刻んでおきたいのでしょうね、そこで、シャッターを切ってるね、きっと。

鏡を使った撮影というのはけっこうあって、フォトグラファーによって”使い方”は様々です。 また、撮り手とモデルの関係性によっても写り込みは違ってきます。 この画像の場合、モデルの美しさが際立ってますね。 でも、もう少し冷静に見ると、面白いことに気付きます・・モデルには、フォトグラファーに対する安心感がありますね、真後ろから向けられるカメラに対して警戒心というものがありません。 鏡の中にモデルの”未来”を見ることはできますが、後ろ向きの姿には”現実が如実に写り込んでます。 この現実に、フォトグラファーは”たじろぎながら”シャッターを切ってるように思えてならないのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。