モノクロ画像

モノクロ画像 展示会

本来ならば、展示会で公開する画像をwebで展示してます。 たぶん、コロナの状況は数年続くような気もするので、展示会をネット上でしようとする試みです。 

以前にも書いてますが、スマホで観るのとPCで見るのとでは見え方が全く違います。 アクセス解析によると、ここを見てる方々の60%以上はスマホで観てます。 載せてる私はPCで作業してるわけですから、少し戸惑いもあります。 スマホでは、縦長の画像は大きく見え、横長の画像は小さく見えてます。 PCは逆に見えます。

だいぶ慣れてきましたが、画像を縦に並べて展示することです。 展示会では横並びですから。

当然のように、FBやインスタなどには載せられない画像が多くなります、というより、元々、そういう画像ばかりを作品として残してますから・・

ここに載せてる画像の多くは、2016~2018年にかけて撮ったものです。 勢いのある「良い作品」が多いですね・・自分の過去に嫉妬してます。

珍しく背中側から撮ってますね。

どうしてそうなのかは分かりませんが、正面から撮った画像が多くなります。 後ろとか横位置から撮ったものはかなり少ないですね、最近、気が付きました。

写真の怖い処でもあり面白い処でもあるわけですが、モデルの品性、知性、人としての誇り、そのモデルにしかない感性や個性、センスなどをそのまま撮りきってしまいます。 

それ以上に怖いのは、写真家のセンスや感性なども見え見えになりますし、嗜好や性癖まで写り込んでしまいます。 また、そうでないと、写真の醍醐味もないのですが。

先日来られたモデルさんが、写真を教えてください‥ということで、一眼レフを持参して。 使い方が分からなので教えてください!ということで。 説明書読んだら?と言ったら、まだ読んでないとのこと。 

正直なところ、カメラを教えたこともないし、どういじるかなんて考えて使ってないし・・感覚とカメラが一体化してるので、考えてないのですよね、撮影してるときは。

っで、僕は根っからの写真家ではないので、カメラから離れてしまうと、どういじるのかも分からないのです。

モノクロというのは、白黒でなくても、単色ならば良いのです。

同じ画像をトリミングを替えて上下に並べてます。 最も僕らしい編集です。

写真は、このようにブレブレでボロボロでも良いのです。