NIJIC : New Jorg Gallery

ここ、New Jorg Galleryは、アントワープから電車で20分、その駅から車で10分くらいのところに位置する。広大な牧草地帯の中にポツンと会場があります。すぐ隣は、オランダです。 アントワープが ”洗練された大人のためのディズニーランド”であるなら、冬の厳しさは体験してないが、この地域は、たくさんの人が集まるバーも点在する、のどかな田園地帯のようです。

ベルギーは、人口も経済規模もほぼ日本の十分の一。 住みやすい国ランキングでは、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、オランダ、ベルギーというように、北欧諸国とベネルックス三国が上位を占めることに、6日間の滞在とはいえ、頷ける日々を体験できました。 レストランでアルバイトする少年少女の機敏でかつサービス精神あふれるスマートな姿を見るとき、この国では効率よく働き、十二分に余った時間をホビーにあてるという”真の先進国の在り方”を実感することになりました。

 

 

Galerie Rachel Hardouin 15 curiosity + experiences presents Anna UCHIYAMA

Galerie Rachel Hardouin 15 curiosity + experiences presents Anna UCHIYAMA

from november 2018 6th to december 1rst. 15martel.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

La Galerie Rachel Hardouin – 15 curiosity + experiences – présente ANNA UCHIYAMA du 06 novembre au 1er décembre 2018

Muse, modèle, égérie, inspiratrice, confidente, Anna Uchiyama est une japonaise contemporaine. Il est impossible de l’enfermer dans cette case détestable de « femme objet ».
Anna Uchiyama offre à l’objectif, une conversation au temps présent.
Elle est une présence unique. Anna devient alors intemporelle. 
Aujourd’hui, Anna incarne la femme multiple. Elle aura inspiré l’ensemble des artistes nourrissant cette nouvelle exposition.

Femme enfant, femme nostalgique, femme fatale, femme introvertie, femme en pleine possession de son corps charnel.
Anna stimule la vision créative, tant elle suscite le Désir.
Cette exposition est une performance en soi : elle regroupe 27 artistes d’origine allemande, américaine, française, japonaise, norvégienne et vietnamienne,… chacun y exprime son écriture, offrant à partager son univers.

L’exposition Anna Uchiyama interroge sur notre héritage et nos liens à l’histoire de l’art érotique. Elle confronte la vision créative des artistes occidentaux et celle des artistes asiatiques.
Le traitement noir et blanc entre en conversation avec l’art de l’estampe. Le désir explicite se mêle à la pudeur des sentiments. Fascinant.

Vernissage
Vendredi 16 novembre 2018 à partir de 18H00

Performance avec Kineya WAKAOU
Vendredi 16 novembre 2018 à partir de 20H00

Confidences avec Anna UCHIYAMA
Samedi 17 novembre 2018 à partir de 16H00

Rachel Hardouin remercie Anna Uchiyama et l’ensemble des artistes qui ont rendu cette performance possible : Angélique BOISSIERE, Bao Lang VUONG, Chris CALVET, Daisuke KIYOTA, Daniel NASSOY, Didier Eric FAGOUR, Franck SAUERBECK, Frédéric LESCHALLIER, FORMENTO & FORMENTO, Hajime YOSHIDA, Henri CLEMENT, Ivan TOSCANELLI, Kenichi MORI, Kineya WAKAOU, Jean-Luc BERTHIAUX, Jean Claude Sanchez, Julien MØJØ, Kenichi MORI, Misuzu SHIBUYA, Philippe BlacheSébastien TabarinSjur Roald, Takahiro FUKUCHI, Takako UGACHI, Takuya SHIMA, 東哲郎 Tetsuro HIGASHI, Yoshikazu SAKAMOTO, Satoshi SHIMOGURI

Japonismes 2018 Maison de la culture du Japon à Paris – page officielleVivre le Japon Maison Européenne de la Photographie Paris Photo 2018Les Larmes D Eros

Antwerp

アントワープ

世界史を学んだ者であれば、

この街がヨーロッパ史で重要な役割を担っていたことは誰でも知っている

とにかく、”街の色”が美しい

建物の形状はもちろん、色が感動的

ブルーグレーの美しさは格別

街自体がアート作品となっている。

 

Jorg Van Dael

Jorg をヨーグと発音したら、ヨッシュ?と、直された

彼が居間でくつろぐ画像と作品を載せてます

 

有名な彫刻家で、世界中でシンポジウムを展開している

この日は、僕が東京からアントワープに着いた2日目で、

彼も同様に南米のボリビアから戻ってきたところでした

”偉大なクリエイター”に共通しているところは、非常にオープンで明るい

驕ったところなどまるでない、食べるのも、作業もとっても速い

自宅がギャラリーを兼ねていることもあり、美術館のような”御屋敷”に住んでいる

僕も、5日間ほど滞在させていただき、家族同然のもてなしであった

 

ところで、作品について・・

彫刻に関して、詳しいことが分からないのでコメントが難しい

石が積みあがったように見えるが、実は、一本の岩を棒状にして、創作されているとのこと

・・石を繋ぎ合わせて創ったものではない

普通に2mくらいはあり、作品によっては6mに達するものもある

外に展示するものでは、10t近くなる作品もあるとのこと

 

この画像では分かりにくいのですが

太古の昔から、積み上げられてきた大自然の営みがここにある

僕ら(ポートレイトを撮る)写真家は、人の存在に拘るが

彼にとっての「人」は自然の一部分に過ぎないのだろうが

作品からは、人の存在の危うさ、孤独、ときには哀しみさえも

この石(作品)に刻み、閉じ込めようとしているように思える。