”勝負写真”

”勝負写真”

今回の展示会では、この写真を”勝負写真”の一枚としていた。

だが、この作品が展示されることはなかった。

日本から送った写真はそのまま”蔵”に眠ったままになってしまうのか。

この一年、命懸けで制作した作品の多くはお蔵入りとなってしまうのか。

私は、”愚痴と陰口”は言わないことにしている。

でも、真実は書いた方がよいと判断する、誤解のないために。

展示されると知らされ、原画データ(もしくは、写真、絵画など)

を送ったクリエイターは、私が知る範囲だけでも30人以上はいる。

それらの作品のほとんどは展示されることもなく、放置されるのか。

彼ら彼女らの落胆は、想像に余りある。

今回の展示会も「Anna Uchiyama」展である。

そのホスト役の彼女にとって、どれほどのストレスと落胆があったか!

それも、9月から現在に至るまで、想像を絶する。

彼女は、ギャラリーとクリエイターの繋ぎ役を担っている。

ギャラリー側から言われた(予定される)展示会のスケジュールなどを

そのままクリエイター側に伝える。

でも、それらのほとんどは実現されることなくボツになった。

ちなみに、展示会をするかしないかは、

開催者側とギャラリー側が話し合って決めること。

私一人良い思いをしたのではないか?という誤解には甘んじるが、

彼女・ Anna Uchiyama の耐え難い苦悩があったことはしかと伝える。

stylist : Gokkyun Emi

model : Anna Uchiyama

来年の春の予定

グループ展を企画しようと思ってる。

日本では、作品が売れるということは難しいので、

出展者に金銭面の負担がかからないような展示会にしたい。

参加費:無料 にするために、策を練ってるところ・・