夢中だが楽しめてない・・

この撮影の時もそうだが、

夢中になって撮ってはいるが、撮影自体を楽しめてない

そこまでの心境に至らない

スポーツ選手が、

ゲームや試合を「楽しめた・・」ような発言は多々あるが本当だろうか

食事は美味しければ夢中で食べる、

食事自体を楽しんでるわけではない

面白ければ、夢中でやる

でも、楽しんでいる感覚はない

・・こんな忙しい生き方をいつまで続けていくのだろうか。

 

 

許容の北限

これから書くことは、僕がSNS上での反応などから、何となく感じていること・・

画像にも北限というものがあって、

EUで言うなら、ドイツ、オーストリア、デンマーク、ポーランド、北欧などではこの画像をアートとしては受け入れられない傾向があるように思う。フランス、イタリア、スペインなどでは “問題” ないと思われます・・・カッコよければいいじゃん!というようなノリがある

同じヌード(この場合はセミヌードですが)でも、刺激的で性的好奇心を煽るような画像は、(北限?の)彼らの倫理観が邪魔しているのでしょうね、知的好奇心へ昇華するようなヌードとか、少し退屈でも、ナチュラルなヌードなら、アートと考えるようです

それでは、この国ではどうか?となるわけですが、

写真家の多くには、この画像の面白さは伝わらないだろうし、

嫌悪感・(周囲からどう見られるか?という意味での)警戒感を示すでしょうね

・・子供が見たらどうする?とか、倫理観を持ち出す人たちもいる

・・好奇心旺盛な子供たちは、大人が見ているものは既にネット上で見ている。

このように、地域によって「差」が出てくるのはいくつか理由があるようです

絵画はOKでも、写真はNGという考え方・・・アートというものを真に理解してる人なら、写真よりも絵画の方がよりリアルなのですが、稚拙な先入観がそうさせるのでしょうね。

そして、多くの”普通の人たち”は、猥褻と芸術の区別もつかないこと

(”普通の人たち” とは、ヌードであれば性的好奇心の対象でしかない・・と、考える)

もう一歩踏み込んで言えば、猥褻な画像でも芸術作品と言えるものも多くあることです。

 

Oiran

Les oiran (花魁?« premières fleurs ») étaient des courtisanes de haut-rang au Japon, célèbres en particulier au cours de l’époque d’Edo. Ce sont les principaux personnages du « monde des fleurs et des saules » (花柳界karyūkai?). Les maisons où elles demeuraient se nommaient les « maisons vertes » (seirō). Elles se distinguent des prostituées ordinaires par leur maîtrise des arts, notamment la danse et le chant, et le fait que certaines soient devenues célèbres hors des quartiers de plaisirs.

Les deux termes, oiran et tayū (太夫 / 大夫?), sont souvent utilisés de façon indifférenciée. En réalité, le terme tayū est le premier apparu ; il désigne toujours une courtisane du plus haut niveau, et faisant montre de talent en matière de danse et de chantNote 1.

Le terme oiran est apparu plus tard : les oiran sont également des courtisanes de haut niveau, mais sans connaissance particulière de la danse ou du chant, car sont alors apparues les geishasNote 2 (« personne qui pratique les arts »), qui, sans être des courtisanes elles-mêmes, ont repris à leur compte danse et chant1.     ….  by Wiki

Oiran

The word oiran comes from the Japanese phrase oira no tokoro no nēsan (おいらの所の姉さん) which translates into “my elder sister.” When written in kanji, the word consists of two characters,  meaning “flower”, and  meaning “leader” or “first.” Technically, only the high-class prostitutes of Yoshiwara were called oiran, although the term is widely applied to all.      ….. by Wiki

感性で納得する人

人には二種類あって、言葉で納得する人と、感性で受け入れる人

僕の日常的な感覚から判断すると、世の8割の人は言葉の積み重ねで理解しようとする

残りの2割の人たちは、(解説などなくとも)感覚で受け入れて行く

感性と言っても、無限に広がる世界感と深さがあるし、個人差、多様性もある。