Traditional arts Oiran

江戸時代ごろから始まる「花魁」文化を

京都の伝統的花魁衣装を基にして撮影した。

吉原の花魁衣装などとは趣を異にする。

Traditional Arts Oiran

Model : M . F.

Studio : Maiko(舞香) in Kyoto

日本の伝統美の一端を担う「花魁」美

高級な遊女でもある花魁が「テーマ」

貧しい農村などから買われてきた子女、

しかし、教養と芸事を身に付け、

江戸時代以降の伝統文化を知る・・

たとえ、遊女とはいえ、

教養と芸事を身に付ける機会を与えられ、

他国には見られない

日本文化の豊かさを知ることが出来る。

花魁をテーマにして、

たくさんのモデルを撮ってきたが、

このモデルの場合は、

遊女にしては上品過ぎることもあり、

花魁らしい”絵”にはならないようだ。

Maiko(舞香)には予め、

展示会に使う画像撮影であることを

伝えていたことから、

優れたスタイリストが付き、

撮影現場にも恵まれていた。

この撮影で難しかったのは、

モデルが背が高いこと。

168cmあり、

日本の家屋では高さ的無理があったこと。

このカテゴリーでは唯一シリアスな画像。

このページの画像は全てを5時間で撮影。

5000ショットも撮れば、

中にはこのように写り込むこともある。

日本の伝統美を撮ろうとすれば、

難しいのは、色彩コントロール。

編集段階では、

強い色彩をどう抑え込むかが勝負。

また、データ取得時から、

彩度が強く出ないように

カメラ側の設定をしておくことが大切。

ここに展示した画像のほとんどは

トリミングと色彩コントロールのみ。

レタッチなどはほとんどしてない。

ちょっと白飛び気味だが、

画像が気に入っているので載せている。

花魁特有の品性に欠ける?艶っぽさとか、

悲哀などが撮れてません・・。

撮影前のコミュが足りなかったのか、

モデルが演出できなかったのか、

僕が撮りきれなかったのか、、、

反省、反省、

背中は何を物語る・・

ここでも、僕の撮影は

ポージングを止めることはないので、

多少のブレはあるかもしれない。

”勢い”が大切なのでブレることは仕方ない。

美しさを凝縮したような画像

ショーツが和風ではないことは承知の上。

(展示会では使いません)

これまで公開してない画像を多く載せてます。

”実物”の公開は、サイズA1くらいにして、

来年の中国芸術大学での展示会に使用予定。

  ・・コロナが治まればですがね。

着物は、スタジオに用意されたものから、

私が選んでいる。

この黄色は”危険”な気もするが、

アートとして勝負してみた。

常識的に考えれば、

ビジュアル的に品位に疑問が出るかもしれない。

ライティング機材は東京から持ち込み、

レンズは2本、カメラは3台用意した。

立ち位置は指示するが

ポージングなどは一切指示していない。

やっぱり、色合いが難しい・・

それと、黄色が勝っている印象があり、

肌の色合いが美しく見えてこない。

カメラ側の設定は、どれもほぼ同じですが。

休憩しているところを撮っている。

カメラ意識がないので

良い写真が撮れることも多い。 

このモデルは表情を創ることがとても上手い。

私が指示したものではないし、

具体的指示などは、私にはできそうもない。

写り込みに問題はあるが、

モデルの気高さは見事である。

とても魅力的な表情を捉えているが、

ますます、花魁のテーマとは離れていく・・

吉原のような”売春宿”は

全国的にはに規模は異なれ、

存在したと思われる。

また、地域によって様々な衣装、

慣習などもあったものと思われる。

私個人としては、

京都での衣装がもっとも好ましい。

こんなポーズでも

花魁には見えない。

撮影現場を写している。 和室を二部屋、背景を赤でデコレーションした部屋を一室使用。 この時は貸し切りで、それなりに費用はかかりました。 最近、こういう費用と体力をかけた撮影をしなくなってきている。 

スタジオから外に出ての撮影。

Studio : Maiko(舞香)の玄関にて・・

暖簾を背景にすると

柔らかい美しさが出る。

この時、外は曇りであった。

Studio : Maiko(舞香)から出て、

街路でのショット。

風情があって良いですね。

この中でのベストショットとしておこう。

足元を見れば・・

撮影時の年齢は聞いてないが、

女性としては

これくらいが美しさのピークかもしれない。

個人差はありますが・・

目を大きく開けているシーンと

下のように閉じているときを対比してみる。

これは普通に言えば、下手な写真。

まぁ、上手じゃなくても良いのですが・・

私個人としては、

眼を閉じているときが好きだ。

途中、談笑しながら撮っている。

新たな背景を使用。

ここからが、踏み込んだ撮影になっている。

私の撮影では、

基本、影が出ないようにすることが多いが、

この場合は、一灯でもあり、

影の活かし方が迫力の決め手となる。

影と実像との対比が面白い。

こうして展示する場合は、

縦横比を考えずにトリミングできるが、

出力する際には

縦横比は1:1.73 くらいを想定することになり、

制限が加わる。

障子を背景とすると、外の光が逆光のようになって差し込んでくるが、この日は曇りで、柔い画面になった。

背景は赤の生地一色である。

展示会に使うなら、

生地のしわをレッタチして直す必要がある。

左は全体像であり、

下はその部分の拡大画像である。

Maiko(舞香)の女将(経営者)が言うには、

これほどまでに美しく写り込む”花魁”を見るのは

初めてとのこと。

Studio のホームページに使いたいとのこと。

後ろから見ると、異なる趣がある。

和服で、このようなポージングが

自然なのかどうか、私には分からない。

これらの画像は、2016年1月に撮影。

Nikon D3x Nikon D4 を使用。

D3xに比べるとNikon D4は飛躍的に進化。

現在は、D5の時代なのかな?

私は、軽量化したD810の方へシフト。

カメラの進化というのは、

よりクオリティーの高い画像が、

より簡単に撮れるというだけ。

最近、D810にそろそろガタがきていて、

考えてみれば、一月に15000ショット、

5年で、70万ショットくらいはいってるはず。

Nikonはほんとうに丈夫だね。

この日、最後のショット、昼から始めて夕方の自然光で。 私は東京から、モデルは徳島から京都へ、二人とも日帰りでの撮影、帰りに食べたうどんが美味しかった。 この撮影後、7か月後には双子の母親に、この時、お腹にいたのですね ・・感慨深いね。