*日本の伝統:善行としての労働

日本の伝統では、労働とは、神がともに民とおこなった営み(善行)であったが、西洋では、罰として(神は人に)労働を与えた。 そのため、日本では奴隷労働というものはなく、西洋では(例えば)ギリシャでは9割は奴隷であった。

我々が勤勉なのは、”善行”として働き、職種に関係なく、仕事には誇りが持てた。