Maki : 孤独や不安と共存する道

「孤独や不安と共存する道」

私はどこまで行っても私である。

自分が自分であることを捨てるつもりはない。

孤独や不安はつきものだが、それらから逃れるつもりはない。

また、逃れる手段も知らない。

その上、臆病で小心だ。

だが、孤独や不安と共存する道はある。

私がこうして写真を撮り続けていくこと、

モデルと私とのコラボ・共同制作こそが、

また、こうして「発表」していくことも含めて、

私と世界、私と他者が繋がっていることの証であると考えている。

岡本太郎が「岡本太郎」となり得たのは、

彼が本の中で「歓喜(かんぎ)」に至る過程を見事に語っているからであり、

絵描きである前に哲人であったからだ。

歓喜を”形”にすることにより、作品をより説得力のあるものにした。

「命は地球より重い」

「命は地球より重い」というのは、日本人のメンタリティー

”延命”という概念は、この国だけのものらしい 

術後とか、特別な状態・状況を除いて、延命処置はしないのが普通。

自分で食べて自分で呼吸できなくなったら、

この世を去ってもらう・・というのは、ゴローバルなコンセンサス。

生まれてくるときは、無意識のうちにこの世に出現し、

死ぬときは、自立呼吸できなくなり、無意識の中でこの世を去る・・

これは、宗教の”最初の質問”であり、死は恐れるに足らない・・

この国で、コロナで重篤化するのは5000人に1人。

でも、70歳になれば、毎年100人に2人はこの世を去っていく。

老人にワクチンが行き渡れば、コロナは一過性の風に過ぎない。

それでも、テレビのワイドショーで、やたらにコロナの脅威を煽るのは、

この 「命は地球より重い」 という日本人のメンタリティーと共鳴してるようだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。