青の時代 (ピカソ) (Picasso’s Blue Period)

1901~1904年 青の時代 (ピカソ) (Picasso’s Blue Period)

「ピカソは友人の死によるショックから、このような苦悩、悲哀などが作品にみられる・・」

・・・というのが、当時も今も通説となっている。

この”通説”なるものがまかり通るのは、

それを書く者も、読む者も納得できるからである

そして、あたかも真実のように語り継がれる

私が思うには・・

思春期の終わりを迎えるときの一過性の「切なさ・やるせなさ」ではなかったか?と、思える

ベートーベンの作品を語るとき、

彼が向き合ったであろう「苦悩」をセットにして語られている

様々な苦悩を乗り越えたところに作品が生まれた・・と

この通説も同様であると思われる

彼が苦悩したのは

世間と隔絶した”世界”に生きていただろうし

作品の崇高性を考えれば、現実の世界で、彼のよき理解者などいるはずもない

そこに孤独・苦悩はあったと思われる

苦悩を乗り越えた先に作品が生まれる・・というのはウソで、

創作活動こそが、唯一彼が(世間という通俗性から)解放されるときであり

喜びの時間であったに違いない

限られた時間を生きることに真に向き合えば、誰氏にも「苦悩」はある

”崇高な苦悩” なるものがあるのかどうか・・僕には分からない

ただ一つ言えることは・・

苦悩が作品を創らせる・・と言うことはなく

作品の中に苦悩が見られるというなら、それはしごく当然なことである。

この作品について・・・

モデルの心情を如実に写し撮ってると確信している

プライベートなことでもあるので、詳しくは書けない。

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中