Model : Madoka Nakayama

個性的なモデルは被写体として、とても貴重である

写真のための「作品モデル」というジャンル(職業)は確立していない

誰でも被写体としてモデルになれるが、

プロとして活躍できるのはほんの一握りである、というより、ほとんどいない

このモデルを「作品モデル」として、高く評価している。

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中