国民の多くが知らない”癒着の実態”

国民の多くが知らない”癒着の実態”・・・中国に出かけた者なら、誰でもが分かっていることだが、彼らの多くがその”恩恵”に授かっているので、”言えない、言わない話”。

与野党に限らず政治家、官僚でも特にOEDの枠を決めていた財務官僚、財界人のほとんどが、金銭的なキックバック(10%位)、贅沢な食事と夜の接待。 庶民は知らなくても、何らかの形で中国から招待を受けた者なら誰でもが知っていることですが、皆が喋れないので、周知の事実であるが、多くの国民は知らないでいる。

だいたい、当選5回以上で中国に何らかの形で招待された人たち多くはハニトラにあってますね。”下半身”は中国に置いてきてますから、事あることに中国に忖度するわけです。 そんな議員が自民党の年配者には半数以上、公明党の上層部は自民党以上に深刻でしょうね、忖度の具合から見て。 与野党限らず、若手議員はそれが少ないから、今回の衆院選では彼らを選んだ方が良いと思います。

あんなジェノサイド認定されるような共産党政権に忖度するなどは論外だと思われますが、”下半身を中国に置いてきたような議員は話になりませんね。 ハニトラやマニトラにやられてないのは日本共産党位のもので、どの政党も”推して知るべし”の状況でしょう。ただし、思想的には日本共産党はイデオロギー的にNGですがね。

そう考えると、まともなのは、公明党の若手議員と与野党の新人議員。 今回の選挙では、そのへんを見極めた方が良いですね。

https://tetsurohigashi.com/portfolio/m13/

投稿者:

Tetsuro Higashi

I was born and brought up in Tokyo Japan. Now I teach mathematics . At age 20 I took up painting. I took up taking photos before 5 years. I have learned taking photos by myself . I grew up while watching ukiyo-e and have learned a lot from Sandro Botticelli , Pablo Picasso. Studying works of Rembrandt Hamensz . Van Rijn, I make up the light and shadow. * INTERNATIONAL PHOTO EXPO 2015 / 26 February ~ 31 March Piramid Sanat Istanbul, Turkey * World Contemporary Art 2015 Nobember Piramid Sanat Istanbul, Turkey * Festival Europeen de la Photo de Nu 06 ~ 16 May 2016 Solo exposition at palais de l archeveche arles, France *2016 Photo Beijing 13~26th October *Sponsored by Tetsuya Fukui 23 February - 02 March 2019 Cafe & Bar Reverse in Ginza,Tokyo,Japan *Salon de la Photo de Paris 8th – 10th – 11th 2019 directed by Rachel Hardouin *Photo Expo Setagaya April 2020 in Galerie #1317 *Exhibition NAKED 2020 in Himeji    Produce : Akiko Shinmura      Event Organizer : Audience Aresorate December 1th ~ 14th  2020

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中