「死刑廃止論」には与しません

画像とは全く関係ない話・・・僕は「死刑廃止論」には与しません。 死刑を廃止し、極刑を無期懲役にしてる国のほとんどはクリスチャン(キリスト教徒)の国です。 彼らは、来世を前提として現生を定義付けてます・・善い行いを続ければ天国へ行け、悪行を重ねれば地獄へ落ちると。 だから、殺人などの悪行を犯した人間はいずれ地獄へ落ち、あえて、死刑にしなくても、いずれ、地獄で苦しみぬくと・・。 

この国は、無宗教の者、もしくは”神道”と言ったらよいのか、来世を固く信じる者は少ない。 だから、どんなに非人間的な残忍な殺人を犯した者でも、その人間が地獄へ落ちて来世も苦しみぬく・・と信じる者も少ない。 だから、現生で”死”をもって償わせようと考えることは、ごく自然なことと考えられる。 被害にあった遺族が、犯人を自らの手で”仕返し”することはできませんので、法の裁きに任せるというのが法治国家ですから。 

「冤罪によって死刑になる者がいれば、取り返しのつかないことになる・・」という議論はあるが、冤罪が起こることと、死刑という刑があることは別問題です。 また、「死刑があるからといって、残忍な犯罪が減るというデータはない・・」という人たちもいるが、これも、死という刑があることと、犯罪減るかどうか・・も別問題です。 冤罪は限りなく起こってはならないし、犯罪が少しでも減っていく社会にしていかなければならいことであって、死刑の存続とは別の問題と考えてます。

投稿者:

Tetsuro Higashi

I was born and brought up in Tokyo Japan. Now I teach mathematics . At age 20 I took up painting. I took up taking photos before 5 years. I have learned taking photos by myself . I grew up while watching ukiyo-e and have learned a lot from Sandro Botticelli , Pablo Picasso. Studying works of Rembrandt Hamensz . Van Rijn, I make up the light and shadow. * INTERNATIONAL PHOTO EXPO 2015 / 26 February ~ 31 March Piramid Sanat Istanbul, Turkey * World Contemporary Art 2015 Nobember Piramid Sanat Istanbul, Turkey * Festival Europeen de la Photo de Nu 06 ~ 16 May 2016 Solo exposition at palais de l archeveche arles, France *2016 Photo Beijing 13~26th October *Sponsored by Tetsuya Fukui 23 February - 02 March 2019 Cafe & Bar Reverse in Ginza,Tokyo,Japan *Salon de la Photo de Paris 8th – 10th – 11th 2019 directed by Rachel Hardouin *Photo Expo Setagaya April 2020 in Galerie #1317 *Exhibition NAKED 2020 in Himeji    Produce : Akiko Shinmura      Event Organizer : Audience Aresorate December 1th ~ 14th  2020

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中