Mother

Mother

私は五人兄弟の末っ子である。

・・であるのに、既に他界したが、母への記憶がないというか、

蘇ってこない。 

母は遠くから見える存在であり、父は主観の中にいる。

墓参りにはしばしば行くが、それは父に会いに行くため・・

私は父の分身である。

コメントは受け付けていません。