Anri Mone

Anri Mone

「愛という水槽」

愛している人と居たいと思うこと

愛している人が居たいと思う人と居ること

どちらを想うか? そのどちらも想うか?

愛に大小はなくとも 大きな愛とは存在するように感じる

親のような愛 姉や兄のような愛 恋人のような愛 先生のような愛

究極は神のような愛なのか?

その中で魚のように泳いでいられたら

その愛は、私が愛す人と居ることを望んでくれるだろう

私の望むことを積極的に応援するだろう

しかし、結末が最悪なら それを知っている者なら

その愛を妨害するだろう

私は魚ではいられなくなるのか?

記憶の中に死者が増えてゆく

関わっているのは 生きた人間か?

それとも死者なのか?

魚でいられない恐怖と 一人で居る事の恐怖は似ている

愛という水槽の中で泳げないのなら 人は窒息する

涙に変えてその愛を絞り出しているだけ

愛という水槽の中の魚でいたい

そこでまた愛し愛されたい 一度きり、だから貴方と‥

作詞: まや★

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中