写真家なら、いつからでもなれる

写真家なら、いつからでもなれる

50年生きてきたなら、50年の歴史を「絵」にすればよい

絵画ではないから、デッサンからとか、ややこしい下済みはいらない

インスタ映えする写真とかが受けているが、あれは一時の流行り

・・というか、写真によるコミュ、文字より説得力があるしね

写真家なら、いつからでもなれる

僕なんかは60から始めた

歳をとって始めることのメリットは、既成概念ができない

すぐに忘れてしまうから、こうすれば上手く撮れるとか、、、

良くも悪くも、経験値を積み重ねることはできない

記憶することが出来ないので、いつも新鮮に被写体と向き合える

今、世界ではフォトショップをどれくらい使いこなせるか?

・・というのが、若年層の競うところ

手段で競っても意味がないことくらいは、ある年齢が来れば誰にでも分かる

この人たちの中にも、優れた才能の持ち主はいるのだろうが、

それは、ごく一部

写真家にはいつからでもなれる

他のジャンルにはないことだよ、いつからでもなれることって。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中