Populism

ポヒュリズム・・・「民衆の情緒的支持を基盤とする指導者が、国家主導により民族主義的政策を進める政治運動のこと」らしい。

 

アメリカはもとよりイギリスでも、そんな人が政治家のトップになったらしい。

グローバリズムが”普遍”と思ってきたところが、10年くらい前から時代は逆行し始めた。

アンチグローバリズム、ナショナリズム、ポヒュリズム、、、

イデオロギーも理念もないらしい。

民衆の情緒的支持が最優先する・・という意味では、

民主主義の限界を露呈し始めているとも言える

 

他人事のように話しているけれど、この日本ではどうかな?

戦後70年ずっと、民衆の情緒的支持で政権が成り立ってきたように思うのは僕だけかな?

Populism 他人事ではないよ・・・

外からの脅威を煽って、軍拡に走ったり、

内政問題から眼を逸らそうとしているなら、まさしくそのこと。

 

ちなみに、僕には政治理念などはありません。

感性だけの人です。

ポピュリズム、嫌だね。

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中