Belgium Trip

Belgium Trip

ベルギーへの旅というより、展示会のために滞在した6日間

この写真はアントワープ市内でのスナップ

滞在したギャラリーはアントワープから電車で20分の所に位置しているので

アントワープ市内の散歩はこの日の4時間だけ

アントワープが位置するベルギー北部(オランダとの国境に近い)では、

若い人たちは普通に英語が流暢、

普段はオランダ語( アントウェルペン方言 )だけど・・

帰りに道に迷い、地元の人に駅に戻るための道を尋ねようと思いましたが

地元の人と旅行者の区別がつかない、

あきらかに地元の人と思われる人はたぶん英語は伝わらない・・

それに、ちょっと危なさそう

なんとか、駅へはたどり着きましたが、電車を一本乗り過ごした

それで、50分帰りが遅くなった

パリに3日間滞在した後に、ここにやって来たこともあり

その間、ラテンからゲルマンに移動したことになる

北へ400キロほどだろうか、ブリュッセル以北はゲルマン、

ベルギー国内は、南がラテン(フランス語)、北がゲルマン語族(オランダ語)

に二分されていることから、国内事情は複雑とのこと

ラテンからゲルマンへ・・何が変わるかというと

髪色が黒、茶色から、金髪、白髪に代わること

背丈はフランスでは僕と同じくらいで、男子は180cmくらい

ゲルマンになると190cm近くなる

何事もそうなのだろうが、平均で言うことに意味はない

ゲルマンでは、200cm近い男子が普通に歩いているということ

僕が出会った人たちについて話すと・・

フランスでは、日本人は英語しか話せないことを彼らは知っているので

普通に英語で対応してくれる

アントワープでも同じ

滞在中に会食する機会があって

日本人の僕と展示会へ参加したフランス人2人とベルギーの

ギャラリーオーナーでもあるベルギー人、そして、ポーランド人女性

当然のように、フランス語と英語が行き交う

正直なところ、英語は簡単なことしか聞き取れないし喋れない

(契約書などに書かれている英語は分かるし、大切なことは英語で筆記している

それなのに、なぜ聴き取れないのか?

そんな僕を見て、EUの人たちは不思議そうにしている)

フランス語は全くダメ、普段聞きなれない音が多すぎて手に負えない

同じようなことは、北京にいた時もあった、ない音がたくさん聴こえてくる

人の名前を呼ぶときぐらいは正確に発音したい、でも、違う・・と言われる

頑張って、真似てみるがそれでも違う・・と、自分の中にない音は出せない

この国、日本は家族社会なのだろうか、

僕には、世間との付き合い方が分からないことが多い

物心ついたころから、自分は異邦人のように感じてきた

ところが、EUにいるときは、外国人であることにかわりはないのだろうが、

多民族国家であることから、特別視されることもない

個人主義が徹底されているから、他人へ干渉しない・・と言えばその通りだが、

僕が出会った限りでは、親切で温かい人ばかり・・

そして、二度の世界大戦を経ていることからだろうか、

”平和への在り方”が真摯に受け止められている

中立を宣言してしたにもかかわらず、侵攻された歴史もある。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中