”カルヴァッジオ”  のようだ・・

ここにあるのは、たぶんモデルの感性でもなく、写真家の狙いでもない

それぞれの感性が化学反応を起こし、全く別のものを創らせた

コラボの成せる業・・

 

たぶん、モデルにとっては”自分”ではなく、

写真家にとっては、レンブラント以前の何処かで見たような絵画に思える

 

モデルからのコメントでは、 ”カルヴァッジオ”  のようだ・・とのこと

僕は、その名も作品も知っているが、”把握”してない

その頃の絵画は、レンブラントでくくれてしまっている。

(参考)レンブラントは、Rembrandt Harmenszoon van Rijn 。この国では、レンブラントと言うが、海外では、van Rijn(ファン・レイン、フランス人はベイ・リジン)と発音していたように記憶している。Rembrandt とは、出身地名か代々受け継いできた職業名なのだろう。 ちなみに、Leonardo da Vinciをダ・ビンチで共有しているのはこの国だけで、Leonardo(レオナルド)と言い、僕の作品の中にはLeonardo lightなるものがあると言っていた。 当時、レオナルドという話になった時、サッカーの話にかわったのかと思った・・

・・・ 追記 ・・・

この画像をFBに載せたら、一発 ”レッドカード” が出され、1週間操作不能になった

この画像なら、画像認識では、引っかからないはずで、

たぶん「誰かの通報」であろうと思われる

疑心暗鬼になるのは嫌だから、それ以上は考えないようにしよう。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中