Here is the place I still can recall.

facebook の方で、“One of my favorite photographers” ということで、

たくさんのフォトグラファーを紹介している

これは、私好みのフォトグラファーを紹介しているに過ぎない

私ごときが、他人の作品の評価ができるとも思ってない

ただ、私にはどう見えるか!を語っているに過ぎない

・・・一人の写真家が他の写真家の作品をどう見ているか?

を伝えていくことは興味深いことじゃないかと思い、これからも、続けていくつもり

ただ、一つ問題なのが、グローバルな視点で書いていることで、

国内での視点からではないこと(が、誤解を生む)

したがって、紹介するのは、他の国々のフォトグラファーが多いこと

例えば、メキシコ人のフォトグラファーをそれほど多く知らないように

日本人のフォトグラファーもよく知らない(たとえ、この国では有名であっても‥)

僕が写真家だと知ると、この国で有名だと思われる写真家の名前が多く出てくる

でも、その人たちの名前をほとんど知らない・・非礼かもしれないが知らないものは知らない

そのぶんは、海外の現役の写真家を多く知っているから、つり合いはとれていると思う。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。