The world is changing too fast

子供のころは、”勉強嫌い”なこともあって、時間がゆっくりし過ぎている感があった

集団に馴染めなかったこと、まぁ、”つるむ”のが嫌だったから、

それは今も変わらない

空港のゲートを過ぎると、そこは外国、本当はまだ日本国内なのだけれど

あの解放感は何なのだろう!

海外は近年あちこちに行ったが、嫌な思いをしたことは一度もない

ただ、そこにあるのは解放感だけ

クリントン、ブッシュ、オバマ、そして、トランプ

テロや小競り合い的な戦いはあっても、大国同士の戦争はもう出来ない

最近では「貿易戦争」なるものが勃発

戦後、世界は民主化の方向へ、紆余曲折はあっただろうし、進んできたような気がしてきた

ところが、ここへ来て、様子がおかしい

中国では、蒙古のような勢いでユーラシア大陸を東側から支配下に入れようとしている

一方、アメリカは、戦争は出来ないから、

経済力にものをいわせて、中国封じに舵を切り始めている

”民主化”などという”崇高な話”をする前に、

二酸化炭素の問題は何とかクリアしておかないことには、世界は、悲惨な状況になる

僕ら戦後世代はいいんですよ、環境が激変する頃にはこの世にはいないのだから

でも、若い人たちは異議を唱えた方がよいですよ、ほんと・・

今の政治家のトップたちは、

次の選挙に勝つこと、より長く権力者で居続けることしか考えてませんよ。

 

コメントは受け付けていません。