何が今の僕を活かしているのか

幼少のころのことは覚えてないが、

物心がついてからは、夢や希望というものはなかったし、今もない

生活に困らない程度のお金は必要だが、それ以上はいらない

名誉というものは、多少なりと頂いたことはあっても、僕には似合わない

人類愛は増しても、個人への愛は日々遠のいていく

なぜなのか、愛することはあっても愛されることは苦手だ

何が今の僕を活かしているのか

平日は普通に仕事だが、それ以外の空いた時間はすべて創作に費やしている

夢や希望が創作をさせるのではなく、目の前に見える作品がそこにあるからだ

目の前に見えながら、達成するには途方もない時間を要する

それでも、数年以内にはあるレベルまで到達するものと思っている

自分のために生きているのではなく、

今は亡き、自分を大切に育ててくれた者へ報いるためなのだろう・・

 

 

 

コメントは受け付けていません。