Why do many photographers tend to be stoic?

なぜ、多くの写真家がストイックな傾向になるのか?

カラーフィルムが出てくる以前は、モノクロであることは当然なのですが、

展示会などでは、未だにモノクロ画像も多く存在する

(彩度、明度、色相という3要素の中の)彩度と色相を切り捨て、

明度だけで画像の”表情”を創ろうとする

そこには、二つの理由があると思っている

1つは、色を切り捨てることによって、明暗だけに絞り込もうとするストイックさにあり

もう一つは、色という要素を考慮するとなると、撮影は限りなく難しく、

また、編集段階においても”面倒”なことになるから・・

(言うまでもなく、木炭デッサンが美しいことと同様に、

モノクロ写真特有の美しさはある)

この撮影では、スタイリストは使わず(予算的に使えない)、

モデルと私の二人で作品創りに臨んでいるが、

背景の屏風、着物、床の畳、モデルの口紅、マニキュアなど、

全ての色合いを考えることは非常に難しい

写真家なら誰でも知ってることですが、

目の前で見る”光景”と写り込むデータとでは、全く違う

ライティングされた中で、どう写り込むか?を想定しなくてはならない

この画像は、彩度を少し抑えているが、それ以上の編集はしてない

かなり、原画に近い

ちなみに、この画像をモノクロにすると、かなり退屈な写真になる

カメラの設定も、モノクロにしたことはないし、これからも、そうしようとは思わない

影がどう写り込むか?でライティングを決めるが、

明暗よりも色合いで撮っているような気がする

”写真道”なるものを説く人はいるが、私にはよく分からない

写真は(従来の概念としての)写真ではなく、どこまでもアートであってほしい

美意識が写真を撮らせることは確かだが、哲学や倫理観が写真を撮らせるといことはない

ただ、写真の中に(撮った人の)人として踏み行うべき行動の筋道、人としてかくあるべきという理想、倫理観なるものが見え隠れすることはあっても・・。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中