バランスとアンバランス

バランスがとれているのか、いないのか

それを決めようとするのは、たぶん既成概念

それから、写真に関してはアングルの大切さを説く人たちは多い

人によっては、絶対的な決まりや基準があるかのごとく・・

話を聞いていると、どんどん既成概念に縛られていく、そして、窮屈になっていく

社会的に生きていくことは、常識(時には、法律)に縛られることでもあり

それはそれで、いたしかたない

ただ、アートをする時くらいは、この既成概念を持ち込まないようにしたい

アングルというのは、そのこと自体が長方形という既成概念であり

それを考えれば、その長方形の中くらいは自由でありたい

1つの被写体を前にして、人それぞれが違う感性と創造性でアングルを決める

無限のアングルが存在する

また、同様な意味で、切ってはいけないアングルというものもない

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中