Nikon D810 + SIGMA (50mm F1.4 EX DG HSM)

海外ではNikonをナイコンと発音する

写真家のことは、英語ではフォトグラファー

日本ではカメラマン(写真男?)っていうし、

中国では、キャメリスト(Camerist) って言うが、そんな英語はない

まぁ、それぞれの国で使いやすい造語というのがある

この写真は、Nikon D810 + SIGMA (50mm F1.4 EX DG HSM)の組み合わせ

普通にポートレイトなら、この組み合わせがベストかな?と思うことがある

ニコンとシグマの単焦点は非常に相性が良いね

背景のボケ方が美しいというか、肌の質感が素晴らしい

この写真は2016の秋に北京のクラシックカー展示会場での撮影

中国の写真協会からのオファーがあって、

Photo in Bijing 2016 November に参加した時のついでに撮影依頼があって撮ったもの

その後、これらの写真がどう使われたのか・・著作権などはどうなのか・・

その辺のところは分からない

そういうところが嫌だという人も多いが、僕はまったく気にならない

そういう”適当さ”が気楽でいいんだよ

去年は、日本との文化交流に締め付けがあったので、

Photo in Bijing 2017 には参加できなくて・・とっても残念でした

今年は、「招待状」来るのかな?

外国人・特別招待枠なので、20~30枚くらいは展示できる

開場はドームのようになっていて、スペースは球場ぐらいはありそう

今年も無理なのかな・・

習近平さん、独裁色強めてるし、

民主化運動を煽るだろう・・警戒する国の一番手は日本らしい。

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中