プーチンの本音

これまで、プーチンが何を考えてきたのか、

侵攻前の2月初旬から侵攻後、そして、戦況が悪化している現在において・・

西側の報道では・・

ロシア軍・プーチンの目的は、

ウクライナを軍事的に制圧し、傀儡政権をたて、

NATOの勢いをウクライナを盾にして、ロシアの安全を図ろうとする。

・・などと、伝えられてきたし、それなりの信憑性もあった。

ところが、ここにきて、それらの報道に対して顕かな矛盾点が出てきた。

ウクライナを併合しようとか、傀儡政権を立てようとするなら、

あれほどまでに無差別なインフラ攻撃をするはずはない。

ウクライナが復興するには100兆円はかかると言われいるが、

そんなお金はロシアにもないし、西側にも工面しようがない。

ただひたすら、4000万人のウクライナ人を西欧諸国へ追いやり、

二度と人の住めない地域にしてやろう!というのがプーチンの本音らしい。

ロシア人は、西欧諸国から”田舎者”としてさんざん馬鹿にされ、

その上、現在に至っては、NATO加盟国はどんどん広がり、

ロシアの孤立化は深まるばかりであった。

そこにきて、旧ソ連邦のウクライナまでが・・ということになり、

プーチンが”切れた”というのが真実らしい。

そこで、今後の展開だが・・

恨みを持った人間が仕返しをするのに、

話し合いのテーブルに着くことはないだろうこと。

誰が、どこの国が仲介に入ろうと、話し合いには応じないでしょう。

核使用に踏み切れないプーチン

長谷川幸洋 YouTubeチャンネルから・・

ソースがかなり信ぴょう性があることから、紹介しましょう。

プーチンが核の使用に踏み切ろうとしても、

軍部がそれに従うことはないだろう・・ということ。

なぜなら、中国の人民解放軍とロシアの軍部とは深いつながりがあり、

習近平は、人民解放軍をとおしてロシアの軍部に核使用に関しては、

プーチンに従わないように”指示”したという。

バイデンと習近平の間で、直接会談がありましたが、

水面下でこのような”申し合わせ・同意”がなされているとなれば、

習近平がプーチンの核使用を抑えたという意味で、

アメリカは習近平に借りができたわけで、

今後の国際関係において、中国側にアドバンテージを与えることとなり、

核戦争は避けられそうだということは歓迎できるが、

覇権国家としての地位を下げてきつつあった中国が、

再度息を吹き返してくることは避けられないし、

台湾問題にも影響しそうだ。

独裁者・プーチンとの根競べに突入

今、ヨーロッパはかなりヤバイ状況ですね

電気代、水道代が2か月前の3倍になってるとか・・

このような状況が、根底から社会をひっくり返すような事態になるのか、

こういう事態にならない限り、無駄遣いとまではいわないまでも、

エネルギ面でのシェイプアップが出来ないのか、

歪んだエネルギー依存が是正される良いきっかけとなるのか。

懲りないと変われないという民主国家の宿命みたいなものを感じます。

世界が、たった一人の独裁者・プーチンとの根競べに突入したことだけは事実。

誰一人が予想しえないような結果

ドイツに勝ち、コスタリカに負け、スペインに勝つようなことになれば、

この世の誰一人が予想しえないような結果になりますね。

スペインに勝てる可能性は30%位でしょうか、

スペインが決勝進出を決められるのは、

引き分けもしくは日本戦に勝った時ですから、

本気のスペインを相手に戦うことになります。

楽しみです!