”悲しくも幸せでありたい”

人の存在を認識するとき、

そこには「心」を宿す「体」があり、

その場所を与える光の織り成す「背景」がある。

私が望むものは・・

健康な体とそこに宿る”悲しくも幸せでありたい”と願う心であり、

それらを与える日常である。

問われる”アメリカの良識”

仮想の敵を提示されると、人はまとまれる。

その敵に一致団結して戦うことに「正義」を見出し、常軌を逸する。

打倒トランプ・反トランプでメディアは結託しているようだ。

彼の地アメリカのみならず、この国、日本でも。

結果を待たずして勝利を言い放ち、既成事実化がまかり通る。

各国首脳人までもがバイデンに”祝辞”を送っている。

なぜ、このような”常軌を逸したことが”まかり通るのか?

トランプ陣営の言うような・・

選挙結果を覆すような不正があったことが証明されたら、

はたまた、最高裁に持ち込めるほどの”証拠”が提示されたら、

それによって、トランプが勝利するような事態になったら、

メディアや祝辞を送った首脳陣たちはどのような”言い訳”をするのだろう。

4年前の当選当初から反トランプは根強く存在する。

メディアの多くは当然のこと、共和党内でも

反トランプが少なからずいることは以前から言われていたこと。

なぜ、ここまでトランプは嫌われるのだろうか?

嫌われているというよりも、恐れられているのか?

”乱暴な成り上がり者”とはいえ、

この4年間で、真の愛国者であり、

(戦争嫌いな)平和主義者であることも分かってきている。

もし、トランプに勝たれると、

民主党とその支持者が唱える”アメリカの良識”が

実は、偽善であることが暴かれてしまう・・

そのことを恐れているのだろうか・・

不登校の子供たち

「不登校の子供たち」をそのまま「引きこもりの大人たち」

と置き換えてもよいが・・

不登校の子の多くはゲームにハマっている

ハマっているというより、逃げ込んでいると言った方が正しい

彼ら、不登校の子はゲームの中だけに”活路”を見出している

現実(日常)とは違い、友達や親への気遣いはいらないし、

乱暴をとがめられることもなく、

自ら痛みを覚えることもない。

バーチャルであるが故、汗をかかずして”大活躍”できる。

そして、彼らはゲームにハマり込み、

煩わしさを伴う現実に戻ってくることはますます難しい。

おおよそ20年前の不登校の子には”逃げ場”はなく、

ひとり悶々とし、引き籠り、精神を病んでいくケースを多く見てきた。

”活路”を見出せない時代であったからだろう。

ところで、昨今の不登校の子に”病む”ケースはあまり見当たらない・・

というより、本人でさえも、

(幸い?なことに)自らが病んでいるとも思っていない。

・・たとえ、ゲームの中であれ、彼らは活動的であれるからだ。

判断は難しいが、病んでいないのかもしれない。

病んでいるとすれば、外に出ない分、健康的に成長することは難しい。

今では、当たり前のことになったが、

電車の中では、

居眠りをしてる人以外は全員がスマホに見入っている。

ユーチューブ・ゲームにハマっているか、SNSばかり気にしている。

驚くべきことは、ほとんどの人たちが現実世界へは無関心なことだ。

”賢い大人たち”は、半分、現実に生き、半分、スマホの中に生きている。

不登校・引き籠りの子(人)に限らず、

現実世界から”距離”を置く人たちが多くなってきている。

スマホ・PCなどで、大抵のことは疑似体験できることであり、

あえて、リスクを冒してまで現体験する理由?はなくなった。

アニメ・漫画などでも、恋愛の疑似体験はいくらでもできる。

そこには、様々な感情や痛みさえも体験できる。

疑似体験は他者の創ったストーリーであり、結末も予測がつくが、

現体験では自らストーリーを創らなければならないし、

それも、相手がある以上、自分の期待通りにはいかない。

結末もなければ、生涯引きずることにもなりかねない。

スキンシップのないことが、体験と言えるのかどうか?

それもまた、難しい・・

ArtPose Duo   https://tetsurohigashi.com/artpose-duo/

新たなカテゴリー

ArtPose Duo として、新たなカテゴリーを増設します。

このページをご覧の方で、「Duo」で撮ってみたい方がいるなら、

ご連絡を・・。 基本、ヌードですのでそのおつもりで。

女性x女性、お母さんx子供だけ。

model : Megumi & Anri

複雑な関係

複雑な関係

カメラを構えれば、被写体がどうであれ、

一生懸命撮ってしまうので、どうということもない

だけど、こうして載せてみると、

モデルさん同士は(たぶん)どうということはないのでしょうが、

撮ってる僕は不思議というか、複雑というか、初体験。

model : Megumi & Anri

大統領選

リアルタイムで進むサスペンス映画を観てるよう・・

これが、現実であり、結果も分からないので、なお興味深い

11月3日に選挙があり、12月8日までに決着がつかなければ、

各州2名の選挙人の投票で決まるとか、

それでも、決まらなければ司法の判断になるとか、

不正投票が行われたことは事実であるらしいが、

結果を左右するほどの不正があったかどうか、

様々な”読み”がネット上に溢れている。

確かなことは、

メディアで流されている報道には、フェイクが多いこと。

各国の首脳が祝電を送っているそうだが、

”実は違ってました”ということになる確率はそれなりにあること。

Bが勝つ確率が30%、

どちらが勝ったか決められずに年を越してしまう確率が40%、

Tが勝つ確率は30%位ですかね。

かけることが好きなイギリスのブックメーカーあたりが

かけ率を付けているかもしれないが、

それは、いくら何でも不謹慎なので公開されることはないだろうけど。

結果がどうであれ、その利害はこの国にも影響するわけだから、

このサスペンスには、小さいながらも、自分も出演してることになる。

BとかTとか、というように実名を書き込めないことこそ、

ここの小さなブログとはいえ、

検索エンジンに読み込まれることが嫌なわけで、

被害妄想とかではなく、

言論の不自由がこんなところにも及んでいるのか・・

と、思ったりして。

Second Best

現実社会では、”理想”にはほとんど出会わないので、

Second Best で良いということになる。

恋愛でも、最初はBest と思っても、

時が経って、Second Best に収まれば、かなり幸運な方。

クリエイティブなことって、常に理想を求めてるようで、

実のところ、Second Best で上出来と思っていることも多い。

でないと、続けていけないからね。

写真のライティング

自然光の中では、そのもの持つ形状が形をつくるように見えますが、

上の画像のように、真っ暗闇の中で一灯で撮影すれば、

光が人物の形を創造するすることが分る。

元のモデルの体型がどうであれ、

光の当て方によって、どうにでも変わる。

”どうにでも変わる”という言い方は間違いで、

モデルの持つ個性を様々に、

また、無限の形状に捉えることが出来る。

model : Miku . I.

撮影のライティング:https://tetsurohigashi.com/%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0/

モノクロで撮る場合と色彩を入れて撮る場合とでは、

撮影のライティングには、当然のことながら、根本的な違いでてくる。

少し理屈っぽくなるが・・・

モノクロでは、明度が同じ2色の色が並んでいたら、

同様な色(たぶん、グレー)と認識し、

その部分は一律なグレーとなる。

ところが、彩度が入ってくれば、明度が同じであっても、

その差ははっきりと区別がつく。

ですから、本当に難しい撮影はモノクロなのです。

光の強さだけを見極める目を持たないと

思い通りの撮影は出来ません。

でも、逆のことも言えます・・

”色彩音痴”でも、モノクロならどうにでも絵になる。

上の2枚は、色彩コントロールがとても上手くいってると思います。

モノクロ写真撮影では

カメラ側のコントラストを強めにすると良いと思う。

撮影のライティング:https://tetsurohigashi.com/%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0/

来年に向けて・・

もう既に準備してるのですが、

来年に向けてどう進めようか?と考えている

実現できそうにないことは考えないので、たぶん、形になると思う。

ギャラリーを始めることと、スタジオを開設すること。

そして、「Webギャラリー」を始めることも。

いずれにしても、何らかの形で実現したい。

ただ、ギャラリーにせよスタジオにせよ、

そのコンセプトが絞り込めない。

また、妥協できない性格なので、

勝手気ままに、孤軍奮闘するしかない。

”少女は今” model : Yuugao Imai

https://tetsurohigashi.com/%e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%81%ae%e4%bb%8a/

暇になると病んでしまう・・

今年は余力があるというか、エネルギーが余っているというか、

秋に入って、とても活動的になって来た。

一時期弱っていた精神が活性化されてきた。

平日は仕事なので、土日祭日は撮影ばかりをこなしている

こうして、公開できる撮影もあるし、

残念ながら、公開できないプライベートな撮影もある。

行きつけの店で、先日、

「何で、そのように元気なのですか?」と聞かれた。

「自転車は走ってないと倒れちゃうでしょ、それと同じなんです」

と、応えたが、相手は解せない様子。

暇になると、心身共に病んできちゃうのです。

ある種の”貧乏性”なのですね。

美術&フォトモデル https://tetsurohigashi.com/11354-2/

嵐は過ぎたのか!?

今年は、春先から「コロナ」の嵐が吹き荒れ、

今後、もっとひどい嵐になるのか?

現在の西欧諸国の状況をみれば、悲観的にならざるおえない。

(効力のあるワクチンが出るらしいが、摂取されるのは半年後らしい)

この国に住む人たちは、始まってしまったものは仕方がない

嵐が通り過ぎのを待つしかない・・と考える

でも、彼の地(西欧)の人たちは、

その原因をつくった者を糾弾しようとする。 

そういう文化なのです、二度と起こさないために。

この国に比べれば、50~100倍の悲惨な目に合っている。

この“遺恨”は数十年に及ぶと思われる。

何が原因だったのか? 

誰がやったのか? 

自然発生的なものだったのか? 

人工的なものなのか?

初動に問題はなっかたのか?

話しはかわりますが・・

正直なところ、トランプの形勢が悪そうなのが気になる。

彼は、品性には欠けるが世界平和には著しく貢献している。

中東は確実に和平に向かっているし、

東アジアは難しい状況にあるが、何とか均衡を保っている。

言動とは裏腹に、現実主義で平和主義者なのです。

そして、偽善がない。

・・このことは、多くの人が理解してない。

(メディを敵に回したせいもあって、その功績が報道されない)

戦争にしたくないから、金正恩とも2回会っているし・・

大統領選という嵐は通り過ぎたのか?

はたまた、司法に持ち込むという”大逆転劇”はあるのか?

任期は70日残っているので、

とんでもないことをやらかすかもしれない。

でも、彼は平和主義者なので危ないことはしないと思うけど。

事実を公正に報道し、不正を暴くというのがメディアの使命ですが、

CNNとFOXでは真逆な報道を繰り返していた。

どちらも偏向報道ばかりなので・・

”メディアは死んだ”とも言われ、

”分断を煽っている”とも。

この国のメディアはどうか?と言えば、

NHKも朝日もNステも見ないし、

僕の中ではとっくに死んでます。

美術&フォトモデル https://tetsurohigashi.com/11354-2/

道標

私の場合は、作品のほとんどは既にイメージされたものに向かって作り込んでいくことが多くなるが、この画像に関しては「偶然の産物」であり、狙って撮れた画像ではない。

その偶然に出来た画像が今後の道標となることもある。

モデル:Anri Mone https://tetsurohigashi.com/11354-2/

偽善

今回のアメリカの大統領選挙

どちらが勝っても後味の悪いことになりますね

両候補が互いに罵り合いながら、選挙戦を進めたから、

というのは、事実なのでしょうが、

本当のところは、私には違って見える。

バイデンを指示する人たちの多くは、都会に住むインテリ層。

(でも、インテリとは言っても、生半可なインテリばかりで、

自らが偽善者であることに気付いてない)

トランプの支持層は、単細胞な愛国者か、

偽善を見抜いた現実主義者。

上のモデルは Anri Mone

彼女は偽善者ではありません、普通に”スケベ”を名乗ってます・笑

美術&フォトモデル https://tetsurohigashi.com/11354-2/

写真って、不思議

写真って、不思議なもので、

上から撮ると大人が子供のように写り込む。

頭から全身にかけてのバランスが、

こんな感じなのですね、子供は。

model : Anri Mone

https://tetsurohigashi.com/11354-2/

ちなみに下が普通の写真です。

https://tetsurohigashi.com/11354-2/

さいあくななちゃんの絵

家族も
今まで積み重ねたキャリアも
友達も全部捨てて
東京に出てきた時
身も心もボロボロでどうしようも無くて
何度か自殺未遂をしてた日々。

本当にどうしようもなかった時
さいあくななちゃんの絵に衝撃を受けて
自分も創作に力を注ぐように
人前に立てるようになりました。

海外に行く前の最後の展示。
涙が止まらなくて
とても格好良かったです。

自分もまだまだなので

model : Kaosu Kaosu

https://tetsurohigashi.com/kaosu-kaosu/

せいぜい下の中だし・・

Kaosu Kaosu インスタからの「転載」

「彼女のインスタからの転載」

いいよどうせ死ぬし。が口癖で
プライドなんて物もなく
なんかいつもギリギリ台風の中にいて
危なっかしい所から
カオスという名で活動する様になり

何でもかんでもやってみてたけど
それって実は自分がある様で
全く何も無くて
今まで本当に最近まで
クソダサい生き方をしていました。

あんたは写真写りが悪いからね。
隣を歩かないで欲しい。
モデル体系の妹の方が実際に可愛くて
周りからも失敗した方。
みたいな言われ方をしていて
せいぜい下の中だし

エッセイ:Kaosu Kaosu 

コンプレックス

いろんなことを話しながら、撮影した

彼女が言うには・・

容姿にコンプレックスがあるから、変身したくて、

こういうかっこうするとのこと。

ななるほどと頷けるのだが、

何処にコンプレックスがあるのかと言えば、

腕が太く写っていることらしい。

この年齢に人たちには、アニメや漫画などの影響もあって

”美しさの絶対値”みたいなものがあるのだろうね。

Model : Kaosu Kaosu

生と死について・・

モデル:Yuugao.I.

生きることと死ぬこと

僕にとっては、「生」と「死」は対極にある。

どう生きようか?とは思っても、どう死のうか?とは、考えない。

生は現実に生きているという意味で日常であり、

当分、死にはしないだろうという意味で、死は非現実なのです。

ところ、最近会った人に

「また会えるのはいつかな?」と尋ねたら、

サラッと、「生きていればね」と言われた。

その時、とっさに感じたのは、

生と死が隣り合わせなのかな?

その境目がはっきりしていない・・。

最近、30前後でなくなっている俳優さんがいるが、

何となく、解せるような気がしてきた。

生きていてほしい人ほど、いなくなり

そうじゃない奴ばかりが残される、

順序が違うぞぅ!

アメリカ・大統領選挙 

モデル:Yuugao,Imai

アメリカ・大統領選挙について・・

多くの疑問があるので、とりあえず、簡単なことから・・

74歳と77歳の”決選投票”になること自体が先ずおかしなこと。

一人はボケが入ってるというし、

大統領選の時期、仕組みからいっても、

今回は仕方がなかっただろうが、

それにしても、もう少し若い人を候補にしなくては。

政策論とかをそっちのけにして、けなし合いになっている

トランプはあの通り乱暴な発言ばかりだし、

バイデンは、息子の件を含めて闇(Black State)が深そうだし、

どちらが当選しても”ボロボロな大統領”誕生ということになる。

私個人としては・・

保守(共和党)とネオコンとの繋がりなどもあって、

リベラル(民主党)が進めるグローバリズムというものを

”人類の知性”として信じてきた。

ケネディーの登場はその象徴でもあった。

ところが、21世紀に入ったころから、雲息が怪しくなってきた。

リベラルという在り方の背後に”闇”が潜んでいそうなのだ、

というより、闇(Black State)が暗躍していると考えた方が

辻褄が合うように思えてきた。

BLM(Black lives matter)にしても、

市民運動?と思いきや、暴徒化しているし、

誰かが巧みに操っていると考えた方が納得しやすい。

トランプの支持層は、中部(田舎)の白人のブルーカラー

一方、バイデンは都会のインテリ層と非白人。

私はどちらも支持しないけど、出来れば、トランプに勝ってほしい。

現在の国際情勢から判断すれば、

経済力と軍事力による 中国VSアメリカの構図。

アメリカが”弱腰”になれば、中国の横暴がまかり通るようになる。

結果、アメリカが空母打撃群を南シナ海に本気で投入することになりかねない。

局地的とはいえ、衝突は困るんだよ・・

今回は”対岸の火事”では済まないのだから。

「作品展」

artist model : https://tetsurohigashi.com/anna-uchiyama/

キース・ジャレット(Keith Jarrett)

画像は model : Yuugao Imai

キース・ジャレット(Keith Jarrett)

2018年以来、2度の脳卒中を患い、左半身麻痺に近い状態であるらしい

私が、45年前にケルンコンサートを聴き、最も感銘を受けたピアニスト。

その後、彼以上のピアニストに出会っていない。

先日、トリオでのベーシストで活躍した

ゲイリー・ピーコック氏(Gary Peacock)の訃報があり、

”時代の終焉”を迎えたようで寂しい。

でも、私の中では彼らは不滅ですが・・

私は、この作品の中のGaryが最もお気に入り。

装えば人はかわる

装えば人はかわる

かわると言っても、これまでに見せたことない自分を見せるだけで、

別の人に成れるわけではない

自分の親しい人が、

自分には普段見せない顔を別の誰かに見せると

意外な印象を持ったり、

場合によっては嫉妬みたいなものを感じたりもする。

「世捨て人の目」 https://tetsurohigashi.com/%e4%b8%96%e6%8d%a8%e3%81%a6%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%9b%ae/

ヌードは畳の上

ヌードは畳の上    model : Yuugao.I.

畳の上のヌードは色っぽい

女体の柔らかさがでやすい

人によって違うし、写真家にもよる

視覚的に捉えた柔さと手触りの柔さと

そのアプローチの仕方によって、絵は違ってくる

私は両方から、欲張りだから・・

撮影してるときは、そういう意識はないのだけれど、

撮れた絵を見ていると、すぐ手に届きそうなヌードと

何か厚い壁があって、永遠に届かないヌードがある

そこには、撮影者とモデルとの”無意識の距離感”があって、

その距離感は、既に撮影時に生じといることのように感じる。

”少女は今” 

したのURLから・・

https://tetsurohigashi.com/%e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%81%ae%e4%bb%8a/