空気感

スタジオでの撮影は、モデルと私の二人だけの空間となる

撮る側、撮られる側という違いがあるにせよ

両者の呼吸が合わないことには、良い意味での心地よさは生まれてこない

シャッター音が増すごとに、良い緊張感がどんどん増していく

素晴らしい撮影空間を共有できたことへ感謝している。

 

 

ヌードを前にして・・・

大方の男子の期待に水を差すようだが、

ヌード女性を前にして、”特別な気持ち”になることはない

フォトグラファーとはそういうものなのです

カメラを持てば別人になる

被写体がどう映り込んでいるのか?

そのことばかりに集中している

被写体となるヌードの美しさ、存在感など

それらをどう写し込めるか! そればかりを考えている。

踊絵師:Saori Kanda

Artist :  Saori Kanda といった方がよいのか

この画像は、臨月に入ったころ、彼女の自宅で撮影

背景などのセッティングはすべて彼女による

僕はシャッターを切るだけ

私のスタジオで撮影したこともあり、

踊絵師:Saori Kanda の会場へ出向いて撮影したこともある

この人には、静かにゆったりと流れる時間がある

地球時間とは異なる時間であり、

彼女を包む時空はとても心地よいものである。

 

 

青の時代 (ピカソ) (Picasso’s Blue Period)

1901~1904年 青の時代 (ピカソ) (Picasso’s Blue Period)

「ピカソは友人の死によるショックから、このような苦悩、悲哀などが作品にみられる・・」

・・・というのが、当時も今も通説となっている。

この”通説”なるものがまかり通るのは、

それを書く者も、読む者も納得できるからである

そして、あたかも真実のように語り継がれる

私が思うには・・

思春期の終わりを迎えるときの一過性の「切なさ・やるせなさ」ではなかったか?と、思える

ベートーベンの作品を語るとき、

彼が向き合ったであろう「苦悩」をセットにして語られている

様々な苦悩を乗り越えたところに作品が生まれた・・と

この通説も同様であると思われる

彼が苦悩したのは

世間と隔絶した”世界”に生きていただろうし

作品の崇高性を考えれば、現実の世界で、彼のよき理解者などいるはずもない

そこに孤独・苦悩はあったと思われる

苦悩を乗り越えた先に作品が生まれる・・というのはウソで、

創作活動こそが、唯一彼が(世間という通俗性から)解放されるときであり

喜びの時間であったに違いない

限られた時間を生きることに真に向き合えば、誰氏にも「苦悩」はある

”崇高な苦悩” なるものがあるのかどうか・・僕には分からない

ただ一つ言えることは・・

苦悩が作品を創らせる・・と言うことはなく

作品の中に苦悩が見られるというなら、それはしごく当然なことである。

この作品について・・・

モデルの心情を如実に写し撮ってると確信している

プライベートなことでもあるので、詳しくは書けない。

 

 

 

Model : Madoka Nakayama

個性的なモデルは被写体として、とても貴重である

写真のための「作品モデル」というジャンル(職業)は確立していない

誰でも被写体としてモデルになれるが、

プロとして活躍できるのはほんの一握りである、というより、ほとんどいない

このモデルを「作品モデル」として、高く評価している。

 

時を刻む一枚

当然のように、写真にもいろいろある

空間を平面に還元していることであるから、

三次元を二次元に還元していることになる

ところが、この写真という二次元の世界にもう一つの要素である

時間という概念を取り込り込むことも多い

時間以外にも時代背景であったり、心像が色濃く出ていたり

ときとして、ドキュメンタリーに近く、モデルの生き様に寄り添っていたり

絵画のデッサンとは違い、写真でしか表現できない人体の造形美もある

観る者の知的好奇心を刺激する、蘇らせる作品であれば全てそれでよい。

ランジェリーで撮る写真

原則として,ランジェリーで写真を撮らない

通俗的な写真になるからだろうか、

それとも、私自身がランジェリーに興味を持たないからだろうか

それでも、こうして載せているからにはそれなりに理由がある

個の力がみなぎっているからだろう。

 

バランスとアンバランス

バランスがとれているのか、いないのか

それを決めようとするのは、たぶん既成概念

それから、写真に関してはアングルの大切さを説く人たちは多い

人によっては、絶対的な決まりや基準があるかのごとく・・

話を聞いていると、どんどん既成概念に縛られていく、そして、窮屈になっていく

社会的に生きていくことは、常識(時には、法律)に縛られることでもあり

それはそれで、いたしかたない

ただ、アートをする時くらいは、この既成概念を持ち込まないようにしたい

アングルというのは、そのこと自体が長方形という既成概念であり

それを考えれば、その長方形の中くらいは自由でありたい

1つの被写体を前にして、人それぞれが違う感性と創造性でアングルを決める

無限のアングルが存在する

また、同様な意味で、切ってはいけないアングルというものもない

勢いで撮る・・

写真を撮るということは、基本、静止した状態をとる、じゃないと、ブレちゃうから

ところが、僕の撮影では、動きの中でシャッターを切ることが多く、

この画像のように、ブレブレの「作品」も多くある。

絵画と写真に要する時間の差

絵画にも写真にも、どちらにもその制作に縁のない人は

絵画の方がずっと時間がかかると思っているでしょうね

白紙のキャンバスから始める絵画と、

シャッターを押せば瞬時に撮れてしまう写真と考えれば・・

展示用であれば、長辺1mのキャンバスと画像を制作することに

どちらにより多くの時間を要するか?です

僕の場合で言えば、写真の方により多くの時間と労力を要します

撮影では、モデルをだれにするか、

このモデルなら、背景はどうするか・・

場合によっては、幅2m40cmで長さ6mのキャンバスを用意する

アクリルや水彩などを使って背景画を用意することもある

そして、ライティングテストのために数百ショットの試し撮り

撮影準備完了

モデルさんが来られて、5000ショットくらいは撮る

ただ、セレクトには時間はかからない

撮っているときに既に使う写真は決まっている

最後に編集ですが、30分で済んでしまうこともあれば、10時間を要することもある

 

 

 

 

 

Model : Kimiko Nakahara

Gift : 神からの授かりもの

私には特別な宗教はなくとも、神の存在は感じている

肉体を精神の宿る「殻」と考えるか

少なくとも、

肉体(という殻)が「神からの授かりもの」であることだけは、この画像で実証できた

ただ、精神の領域となると・・・神はそこまで干渉しないのでしょうね。

 

ヌード撮影現場・安全第一

例えば、電車や飛行機、食品管理、様々なインフラなどと同様に

「撮影現場」も安全第一なのです

この撮影は私のスタジオ内ですが、モデルと私の二人だけの撮影です

第一はモデルの安全、ヌードは最もプライベートな画像となりますから

画像のキープには特に気遣います

・・・ここに載せてる画像はすべてモデルの許可を得てます

時には”危険”なモデルもいますから、私自身の”安全”も考えてます

撮影を始める前に「契約書のサイン」をします。

・・・ヨーロッパなどでの展示会では

この「写真家とモデルの交わした契約書」が必要になることもあります

また、その後発生するかもしれない様々なトラブルへの対処にもなります

画像そのものには、有害な画像はあっても、危険な画像はありません

その意味では、アートには「安全」は必要ありません

 

 

ランジェリーでの撮影

僕は下着には特別な興味はないので、ランジェリーで撮影することは少ない

女性からランジェリーでの撮影の要望があれば、それに応えている

見えてはならない部分はほとんど隠れているので

公開する場合のセレクトに制限は少ないし

撮影現場でも特別な気遣いはいらない

ただ、僕の考えている「アート」とは遠のいてしまいそうなこと・・

写真を絵画のように編集する

私自身が元々は絵描きであるからだろうか、

絵画のように編集してしまうことが多々ある

この画像の編集手順を記しておこう

先ずは撮影現場から・・

ライティングは向かって左斜め上から

・・スポットライトのような直径2m位の範囲に絞っている

昼間の撮影なので、右斜め手前の窓から自然光が柔らかく差し込んでいる

ISO 100     F 2.8  シャッタースピードはかなり遅いので三脚を使用する

少し暗めに撮っておくと編集しやすい

上からシャドーを入れる、そして、周辺にも薄く暗めに

そして、輪郭を強める「(シャープを効かせるるのではなく)スケッチ加工」をしてみる

好きな色を基準値にとって、モノクロにして、その後にセピア加工を試みる

このセピア加工は、少し明暗を強めに、暗めにすると良いように思う。

注意点は、スケッチ加工をすると画質が劣化するので、

サイズの大きい出力には適さない。

 

写真の勝負所

技術的なことじゃなくて、アートとしての写真の勝負所

カメラ側でどのように設定しようが、

こういう撮影では色彩がギラギラになってしまう

そのギラギラな色をどのようにして抑え込むか!?が勝負所だと思ってます

ここに見える赤とか青紫色とか、原色(原画の色)とはかなり違います

フォトショップなど、難しい編集ソフトを使わなくても

簡単に色彩コントロールする方法があるんです

”企業秘密”なのでここに記すことはできませんが・笑

 

 

Taksim in Istanbul

僕は、正直なところ、観光には興味がなくて

だから、名所と言われるような処に行かないし

この時は、World Expo in Istanbul – Naked に招待されてて

その会場に向かうときのワンショット

イスタンブールには名所の多い旧市街と、ここTaksimのような新市街があって

ギャラリーのガイドが名所をあちこち案内してくれたけど、つまらなくて・・

この場所は丘の上に位置していて、周辺は低くなっていく

低地になっていくほど、怪しく危ない場所になる、スラム化していく

そういうところでなら写真を撮りたいと思うのですが、ガイドに断られた

ボディーガードも兼ねているような体格のいい彼らでも、危なくて入っていけないそうで・・

それで、かれらには伝えず、独りで下りて行ったが、ヤバイ感ヒシヒシで・・

昼間から暇しているヤバい連中がたむろしているような街路を潜り抜けていく

カメラ(高級品)を取り出すこと自体がヤバくて、結局、写真も撮れませんでした。

 

撮影現場

ここは、世田谷の三宿にあるレストラン

背景が面白く写り込む場所は少なくて・・

僕の場合は、基本、夕方の撮影しかしない。

夕日が斜め後ろ位置から差し込んでくるような、

この場合は、店の灯りが背後からかぶってくるような、

そんな感じで撮ることが好きですね、屋外では。