感性で納得する人

人には二種類あって、言葉で納得する人と、感性で受け入れる人

僕の日常的な感覚から判断すると、世の8割の人は言葉の積み重ねで理解しようとする

残りの2割の人たちは、(解説などなくとも)感覚で受け入れて行く

感性と言っても、無限に広がる世界感と深さがあるし、個人差、多様性もある。

ヘアメイクさんを被写体にする

今日のモデルは、ヘアメイクさん

彼女は、目の前にある着物を裏返しにして着る、それも当然のように・・

私がこの着物を使いうときには、彼女がそうしたように、いつも裏返しにして使う

これまでに、ヘアメイクさんやスタイリストを数人撮ったことがあるが、

自分で「絵」を創っていくので、撮る方は助かる。

 

 

ふすまの隙間から・・

”覗き見” 感覚で面白いかな?と・・

ふすまの隙間を数センチ開けて、覗き見

画像とふすまの隙間のラインをぼかすことによって、

ふすまと、その奥の人物に距離感が生じる

羞恥心というものを感じるなら、それも、アートということにしておこう。

最後はモデルが決める

作品の出来具合を、フォトグラファーが責任逃れしてるわけじゃなくて

写真というのは、モデルの本質を撮り切ってしまう・・

また、それくらいの撮影でないと良い作品にはならないと考える

この画像を見れば伝わると思いますが、

このモデルさんは、

普段からナチュラルで、性格は天然と思われるほど、とても良い

”天然” という言い方は失礼で、

知性と教養が真の意味でのナチュラルさを醸しているのだろう。