フォトモデル:モノクロは想像領域を広げる

写真を撮る人には、色彩でとる人と白黒でとる人がいます。 もちろん、どちらにもこだわることなく、色彩も白黒も・・OKという人もいます。 明暗に敏感なのか?色彩で観るのか?によって人それぞれなのだと思う。 それと、先天的な眼の物理的な傾向によって、好みがあるのかもしれない。 私がものを見るとき、どちらかと言えば、色彩に敏感な眼をしているように思っている。 写真は白黒に限る‥という人がいるが、その意図するところは理解できる。 モノクロの方が、人の想像領域が広がると思われる。 観る人の視覚領域の”より広い参加”を呼び込んでいるようだ。

フォトモデル:009

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。