Yu : Art-model 「作品撮り」の本質

他のページでも書いているように、”媚”が入らなければ、どのような撮影でも良いと考えている。 だから、ダメな撮影は、「可愛いでしょ、綺麗でしょ、セクシーでしょ」的な媚の入ったものになってしまうことです。 このことだけは、モデルも写真家も共有してないといけません。 

例えば、「撮れるなら、撮ってみろ!」的なノリとか、「どうせ、私なんか上手くは撮れないでしょ・・」とか、「写真家に合わせるつもりはないから、好きなように撮れば・・」ということであれば、結果としてよい作品になることが多い。 また、写真家の私の意図をくんで、とても協力的であり、素晴らしい作品になることもある。

モデルと写真家の間には、確かに相性の良し悪しはあろうが、それだけで片付けてしまうと、それ以上のステップへは上がれないと思っている。