Yu : Art-model 写真に”胆”があるなら・・

写真に”肝”があるなら、既成概念に縛られてないもの・・すなわち、開放的なものが好ましいのでしょう。 構図がどうのこうのとか、いろいろ言う人がいますが、そんなことはどうでもよいことで、また、上手である必要も全くありません。 僕は、へそ曲がりなところがあって、上手く治めようとせずに、どうすれば上手く治まらないか・・みたいなこと考えながら、撮ったり編集したりしてます。 アンバランスのバランスみたいなものがあって、見た人が満足できないような、何を埋めたいような感覚にかられる画像が良いんじゃないかなとか、”見る人が何らかの形で参加できる写真”が面白いと思ってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。