tef. ウクライナ戦争を仕掛けた「悪魔」

コロナウイルスがまたまた感染者を増やし始めた‥もう勘弁してほしい。 単なる風邪だと思えば、それまでだが、いい加減に疲れた。 

ウクライナで今起こっていることだが、私が確信していることがある・・ プーチンが化学兵器や戦術核を使うことはないこと。 したがって、第3次世界大戦になるようことはない。 これまでの紛争・戦争同様、軍産共同体などアメリカ、イギリス、フランスなどに暗躍する闇の勢力よって仕掛けられた紛争であること。 

ロシアが衰退し、NATOがその勢いを広げていく中で、窮地に陥ったプーチンを巧みにウクライナへの侵略へ導いた”闇の勢力”が存在すること。 アメリカの民主党が政権をとると戦争が勃発すると言われるが、民主党の背後にいるグローバリストと結託した連中が仕掛けたと思われる。 その闇の連中がどのように”計画”しているかは分からないが、出来る限り紛争を先延ばしにし、”賞味期限”が迫る兵器を使い切ってしまうまではこの紛争は治まらないだろう。 

また、今回の侵略によって、国際世論から袋叩き似合うだろうプーチンは、国内では絶対の人気があり、失脚することもないこと。 経済制裁でロシア経済は疲弊するだろうが、崩壊するようなことはないこと(穀物とエネルギーが自給自足できるので)。 今、暴落しているロシア企業の株を買いあさっている勢力がアメリカにあること(いずれ、その株価は上がると予測しているに違いない)。 オイルやガスなど、その価格がつり上がって儲けるのは誰(どのような組織・個人)だろうと考えてしまう。 

世界が、ほんの一握りの闇の勢力に振り回されていると思うと怒りを覚えるが、これが現実なのだろう・・ ウクライナ市民の犠牲と亡くなった兵士の命を思うと、こんな紛争を仕掛けた奴らがいるとするなら、そいつらこそ「悪魔」だね。

tef. 壮大な人生ドラマの始まり・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。