Oiran Photograph

「花魁」をテーマにした理由

私が「花魁」をテーマにして撮影したのは、そのファッションがとてもアート的であること。
また、日本固有の文化的背景にも興味を持っていたこと。

同時に人の持つ様々な感覚・感情・感性を(写真に)写し込むことが出来ると思えたこと。

たとえば、愛と嫉妬、幸せと憂い、希望と失意、快楽と憎悪、誇りと劣等感、権威と差別など・・・。

芸者(Geisya)であれば現存することもあり、作品として展示することには問題が生じるが、

花魁(遊女)は売春禁止法the AntiProstitution Lawによって認められてはおらず、

現存しないという意味において作品にすることに問題は生じない。

背景に使っている屏風などは100~200年前のものであり、

着物も古いものを使用しているので、著作権などの問題も生じない。

これまで、私は様々なアート作品に馴染んできた。

それらは浮世絵(an Ukiyoe:a picture of everyday life in the Edo period)であり、

西洋(ヨーロッパ)の絵画や彫刻などです。

もちろん、写真や映像などにも興味を持ってきた。

浮世絵であれば写楽、絵画であればラファエル(English: Raphae,French: Raphael)、

ボッティチェリ(Sandro Botticelli)、アングル( Jean-Auguste-Dominique Ingres )、ゴッホ(Vincent van Gogh)、

ゴーギャン(Eugene Henri Paul Gauguin)、ユトリロ(Maurice Utrillo)、モジリアーニ(Amedeo Clemente Modigliani)、

ラファエル前派(Pre-Raphaelite Brotherhood)の作品、シャガール(Marc Chagall)、

カンディンスキー(Wassily Kandinsky)、ピカソ(Pablo Picasso)、マティス(Henri Matisse)などです。

今回の作品では、日本画(Japanese‐style painting)的な線描写(line drawing)とラファエル前派の色彩が生かされている

と考えている。

ここにこうして載せた画像から「モデルの人となり」を

そのまま捉えていると思える。

「花魁」という”究極の設定”にもかかわらず、

彼女らの”らしさ”を確かな印象として残せていると思う。

スライドショーとして、5つのブロックがあるが、

一番上のブロックの女性は、現代的であり”当時の花魁”という印象はない。

絵的にはとても美しく収まっている。

1枚目の画像は私好みの”ピカソの絵画”を想わせる。

2つ目のブロックでは、

彼女はそのまま花魁をやっていけるような印象がある。

撮影の最中も「この人は”本物”ではないか!」と思ったことを覚えている。

ファインダーの中から”女の凄み”に似たものが伝わってきた。

3つ目のブロックでは、

当時の花魁は現代の高級娼婦なわけだから、

”汚れた感”がなければ”絵”になりにくい。

その意味では花魁らしくない。

清楚で神秘的な映り込みがあったりと・・

4つ目のブロックでは・・

彼女は年齢的に若いこともあり、可愛い花魁にも見えるが、

画像の中に見る彼女の目線は、退廃的な”世捨て人”の目であり、

外見の可愛らしさとのギャップが「シリアスな作品」を生んでいる。

フランスに住むキュレイターが「この目だ!」と言って魅せられていた。

・・私も同感である。

一番下の5つ目のブロックでは・・

このモデルが最も”花魁の衣装”が似合っている。

素晴らしく美しく写り込んではいるが、

本来(当時)の花魁の印象とは程遠いだろう・・