Maki : 虚ろな眼と向き合いながら・・

虚ろな眼と向き合いながら、シャッターを切っている。 

私とは全く違う人生を送ってきたのだろう・・

たぶん、無事な人生などあろうはずはない

似た人生などあろうはずもない

私は男で、この人は女だ

どんな人生であれ、同情するつもりもなければ、

私だって、同情されるのはごめんだからね