Maki: 世界を二分する対立軸 グローバリズム

世界は、「ナショナリズム」と「グローバリズム」の対立j軸で捉えれば、現在の世界情勢が理解しやすいように思われます。

だいたい、環境問題を語りたがるのはグローバリストであり、世界が同一の価値観を有すれば戦争は無くなり、平和にやれると説く人たちですね。 宗教色は薄く、もしくは無宗教で、アメリカでは東部のエリート層に支持者が多く、どういうわけか、軍産共同体などとの繋がりも深く、民主党が政権をとると戦争が起こるというのも納得できますね。 オバマ、バイデンなどはこのイデオロギーに近く、中国の習近平なども共産党1党独裁ですが、世界が共通する価値観を持てば平和にやれると考えてるようですから、グローバリズムを全体主義と訳しておきましょう。 

我々の普通な感覚からすれば、ナショナリストは戦争を起こしやすく、グローバリストは平和志向が強そうに思われますが、現実は、その逆の傾向にあることはとても興味深いですね。「ナショナリスト」と「グローバリスト」の対立j軸を「単細胞だが健全な愛国主義者」と「理知的で平和志向に見えるがずる賢い全体主義者」と考えれば良いように思います。 トランプが国内で圧倒的な人気があるのは、軍産共同体、既得権益を持った組織を徹底的に潰しにかかったからです。 だから、既得権益の代表格でもある大手メディアから敵視されたわけですね、現在もですが。 プーチンが国内で圧倒的な人気があるのも、(ロシアが経済的に弱っているときに入ってきた)アメリカ資本の企業を追い出し、ロシア資本(オリガルヒ)を優遇したからです。  

Maki : 007

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。