Kaosu : フィクションだからこそ、リアルに・・

隠し撮りでもしてるなら、その画像はリアルかもしれないが、こうして「作品撮り」してる限りは「フィクション」なので、よりリアルに”高度”な画像に仕上げる必要がある。

・・このようなことは、映画でも言えることで、”作り物”だからこそ、本物以上の”本物”に見せる必要がある。 作品撮りのモデルに関しても、人以上の”人”になってもらいたい。 ドキュメンタリーなら、在りのままでよいが、フィクションなればこそ、普段は見せない”人間の機微に触れる”作品にしなければならない。