Kaosu : Essay / Photography

こころにカサブタが沢山ある
オロナイン軟膏とか
絆創膏を差し伸べてくれる人が居るけど

なんか申し訳なくて
情けなくて
もっかい自分で剥がして
傷を化膿させたり流血させたり
そんな日々で
もうそんな優しい応急処置さえ
鬱陶しいと思ってしまう自分も嫌いで
古傷が無くなることもないけど
もう増やすのも増えるのも嫌で仕方がなくて
毎日明日に怯えてる

Essay & model : Kaosu Kaosu

みんな何かを失って
壊れている

壊れた所を治す術も分からず
平気なフリを身に付けて

過去に戻れたなら
未来を知れたらなら
そんな叶いそうにもない幻想に想いを馳せて

戻っては来ない時間も人も空間も
この先分からない運命も出会いも出来事も
それだけは全員が平等で不明瞭

壊れて張り裂けそうな心を無にして
朽ちてく肉体を動かして
今日も何とか平気なフリして
不明瞭な未来を生きる



Essay & model : Kaosu Kaosu

絶対や永遠という言葉がよく使われるが
そんなものは存在しなくて 時に前触れもなく、
ふとした瞬間に失ってしまう事がある。
心地が良いな、ずっと続けばいいなと 思っていても呆気なく。
人間は愚かな生き物だから 失ってから気づく事が多い。
あの時どうすれば良かったのか
どうしたらこんな結果にならなかったのか
過去の自分を呪う。
ただ、呪ったところで いくら自分を責めたところで 失ったものは戻って来ない。
あー、しょうもないな。
大事な物ほど儚いものなのだから。
仕方がなく、肩を落として前に進む。



Essay & model : Kaosu Kaosu

次へ> Before you point your fingers, make sure your hands are clean.