Gracefully Nude 自然と人間の関わりについて

人は死んだらどうなるのか? という問いに、”稲”になりますと応えた人がいる。 中学の理科で習った「食物連鎖」を勉強した者なら誰にでも簡単に分かること。 生あるのは死すれば物と化し、菌類・バクテリアなどが分解して土に戻す。 その土を植物は栄養にして、実を成すのである。 それが、”稲”となるのだ。

・・このような思考は、一般的には受け入れられない。 

なぜ。受け入れられないか?というと、その理由は二つある。 一つは、競争社会においては”負けてしまう思考に繋がる”こと。 もう一つは、人には感情があるので、いつか死に至り、その結果たとして”稲”になることは認めにくい。 感情がついて行かないからだ。 それでは、”具合が悪くなる”ので、それでも、”自分のせいではない”と考える。