Gallery Oiran 花魁写真展 

「花魁」をテーマにした理由

私が「花魁」をテーマにして撮影したのは、そのファッションがとてもアート的であること。
また、日本固有の文化的背景にも興味を持っていたこと。同時に人の持つ様々な感覚・感情・感性を(写真に)写し込むことが出来ると思えたこと。たとえば、愛と嫉妬、幸せと憂い、希望と失意、快楽と憎悪、誇りと劣等感、権威と差別など・・・。

芸者(Geisya)であれば現存することもあり、作品として展示することには問題が生じるが、花魁(遊女)は売春禁止法the AntiProstitution Lawによって認められてはおらず、現存しないという意味において作品にすることに問題は生じない。背景に使っている屏風などは100~200年前のものであり、着物も古いものを使用しているので、著作権などの問題も生じない。

これまで、私は様々なアート作品に馴染んできた。それらは浮世絵(an Ukiyoe:a picture of everyday life in the Edo period)であり、西洋(ヨーロッパ)の絵画や彫刻などです。もちろん、写真や映像などにも興味を持ってきた。浮世絵であれば写楽、絵画であればラファエル(English: Raphae,French: Raphael)、ボッティチェリ(Sandro Botticelli)、アングル( Jean-Auguste-Dominique Ingres )、ゴッホ(Vincent van Gogh)、ゴーギャン(Eugene Henri Paul Gauguin)、ユトリロ(Maurice Utrillo)、モジリアーニ(Amedeo Clemente Modigliani)、ラファエル前派(Pre-Raphaelite Brotherhood)の作品、シャガール(Marc Chagall)、カンディンスキー(Wassily Kandinsky)、ピカソ(Pablo Picasso)、マティス(Henri Matisse)などです。今回の作品では、日本画(Japanese‐style painting)的な線描写(line drawing)とラファエル前派の色彩が生かされていると考えている。

アナログ写真(English: analog photography,French:La photographie argentique)が美しいことは既に知っているが、デジタル画像( digital image)にしかできないことに挑戦するつもりである。デジタル画像が無数の点(ドット;dot)の集合体であれば、それはまさしく、限りなくきめ細かな点描法(Pointillism)で出来上がっていると考えることが出来る。方法論として、シニャック(Paul Signac)、スーラ(Georges Seurat)、ゴッホ(Vincent van Gogh)などが参考になる。写真であれば、影はグレーに写り込むが、そのグレーの明度を変えずに補色関係(complementary color relationship)にある赤と緑で置き換えることもできる。そこには今までになかった新たな写真を創造できる。