Art-Pose Duo Anri & Yu 勝ちと負けを許容する

人生にとって「運」の占める領域(重さ)はかなりあるのではないか・・と思っている。 才能があれば、それは天からの授かりものであり、誰よりも努力してきたと言うなら、強靭な体と精神を授かっていたから出来たことでもある。 

運の良し悪しは・・その時代背景に大きく左右されることでもある。 アートの世界にせよ、どのような職業にせよ、その時代に”偶然”マッチしていたからに過ぎないとも考えられる。 家庭環境が良かったから、より高い教育のチャンスにも恵まれ、お金持ちの家系に生まれれば、家業を継ぐことで、地位もお金も得られたとも言える。 

努力があったからこそ、自分は成功できたと穿る者、努力が足りなかったから惨めな自分がいると思う者・・ このような”勝ち組・負け組”を生むような社会構造(それらを許容する共通認識)こそが、この世界(と我々の心)を歪めているような気がしてならない。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。