Art-Model : ポージングにタブーはない Megumi

モデルと私の関係においては、”平等・公平・同様”などということはあり得ない。 すべてのモデルに対して、私の関わり方は違う。 モデルと私の共同作品制作なのだから、モデルが代われば”創作物”は自ずと違ってくるのは当たり前。 

この撮影の試みは・・・タブーをなくせば、モデルはどこまでモデル自身で在りえるか? また、私はその姿をどこまで捉まえることが出来るか? かなり気合の入った撮影になったことを今も覚えている。

このモデルさんと私の関係は・・他のモデルさんと(当然だが)同様に接していない。 私の我がままを受け入れてくれる。 彼女をそれを受け入れる中で、被写体としての可能性を探ろうしている姿を感じるからだ。 その意味で、私のとっては大切なモデルさんの一人でもある。

・  

・ 

天才モデルと少しは知られるフォトグラファーの”タブーのない”フォトセッション、いかがなものだろう・・

Megumi さんへの絵画モデル・フォト撮影などの依頼は下記へ

Megumi.E ブログ: https://un-grn.com/blogs/eno-megumi/6234/

絵野めぐみ https://eno-meg.amebaownd.com