Aki : ポートレイト 原宿・神宮前

撮影の合間に、「相互の理解」の難しさについて・・色々と話しました。 それも、テーマは「親と子」の関係。

親は、自分が親であるという「レッテル」をはっている以上、または、世間が勝手にはる「レッテル」をかざしてる以上、子は、子供としての役割を演じるようになる・・ここでも、子は子で「レッテル」に従うことを強いられる。 こんな親子関係は上手くいくはずはない。

子供の「無気力」というのは、概して、親から理解されてないという状況から生まれる。 そんな場合は、先ずは親が親であることの「レッテル」を外すことから始めると良いです。 例えば、父親が息子をハイキングに連れ出す。 父親は、子供に戻って子と一緒にハイキングを楽しめばよい・・そこでも、決して父親を演じてはだめですよ。

親父目線で子供を理解しようとしないで、童心に戻って語り合えばよいです。

「現代人にとって不安は尽きない」

人は、生きていれば不安はつきものであり、

また、尽きることもない。

不安がない人がいれば、それはほとんどアホなんだろうね。

人類がこうして生き延びてきたことを考えれば、

生物学的にみても、不安があって当たり前で、

なければ、人類はとっくに滅びていたに違いない。

得体が知れない、ただ漠然とした不安であれば、まだましなのだが、

その不安が具体化すれば恐怖にかわる。

・・・これは困ったことだ。

安全とかリスク回避などが当然のように語られ始めると

不安であることが”いけないこと”のように思うんだろうね。

生きていれば不安はつきものだ‥と言うことを人は受け入れようとしない。

犬や猫を見ていれば分るが、警戒心全開でいるでしょ、

リスクを回避できるから、生き残れるんだよね。

人も例外ではないんだよ・・