Aki : ”揺れる魂”を感じられる人は・・

最近気が付いたことだが、政治や経済系のジャーナリスト、起業家、弁護士や学者など様々な専門分野を持つ者がユーチューバーとなり、言いたい放題をいい始めている・・実はね・・ということで、真実を明かし始めている。 オールドメディア(特に、朝日、毎日新聞など)論説員やテレビのワイドショーなどでのコメンテイター、アナリスト、キャスターなどと言われる人の偏向報道があまりにひどすぎるからなのでしょうね・・彼らの後ろにはスポンサーが付いてるし、中国や韓国から株””などで金銭的に支えらていることもあり、野蛮な中国(共産党)、デタラメな韓国への”忖度”が働いていることは十分想像できる。 また、忖度の働く人しか、テレビには出られない・・・だから、オールドメディアやテレビはますますつまらなくなる。 10年後には新聞はなくなりそうだし、ワイドショーなどを観ているのは、老人ホームの人たちだけでしょうね。 だいたい、若者はテレビ観ないし・・

別に隣国の悪口は書くつもりはなく、物事を論理的に思考する人の多くはアート(芸術)のことは分からないのだろう・・と察するようになった。

ユーチューブなどでよく見かける解剖学の専門家で養老先生と言われる方がいる。 様々な分野の様々な質問へ的確に応えられる。 (この世の)不合理であることを、合理的に説明することもできる。 一つの道を極めた”哲人”とも言える。 そんな彼でも、アートのことになると、”その在処、存在意義”を説明できるが、自らが”感じる”ことは出来ないようなのだ。

”揺れる魂”を感じられる人は、この世にどれくらいいるのだろう? 岡本太郎のように、”自身の芸術の源”を活字に置き換えることのできる人は稀である・・彼を有名にした一つの理由。 ほとんどの芸術家は活字で説明することをしていないし、出来ない。 だから、美術館などへ行けば、「作品の評論・案内」が長々と記されている。 来場するものは、その活字を見て分かった気になれる。 ここで、ひとつの”真実”が見えてくる・・解ることよりも、解った気になれることがより重要なこと。

ピカソを理解できる人はどれくらいいるだろうか? マティスはどうだろう? 写真の話に戻せば、アラーキーがなぜアラーキーなのかを分かる人も少ない・・正直なところ、僕にもよく解らない・・・一貫したポリシーがあることだけは分かるが。

著名な人たちは、概してIQが高いが、IQが高いことと芸術への造詣があるかないに相関関係がないことが分る。  ”揺れる魂”を感じられるかどうかはIQとは無縁だが、 ”揺れる魂” を創作するとなると、IQが関わってくることになる。 ビジュアルアートはさほどでもないが、音楽や小説となると、時間の概念が加わってくることになり、IQとのかかわりは深そうだ。

IQの話ばかりになるが、実社会では良い頭でなく、丈夫な頭が必要であるように、芸術では、繊細な感覚を必要とするが、それよりも”丈夫な感性”を持ち合わせてないと、創作は続けられない。  繊細なだけじゃ、何事もなしえない・・ということ。