被写体になることを希望する方々へ –

スタジオでの「作品撮り」です。

上の作品は、新潮社から出版される(ポエム&フォトグラフ)に使用。

写真モデルを希望される方々へ・・・原則として、相互に費用は発生しないものとする。

ヌードになることによって生まれる「自己肯定感」。 人は「自分に自信が持てない」という意識に日々苛まれているのかもしれない。 そういう時に、カメラの前で我が身を曝け出してみるとことをお勧めします。 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1656441_1505725396320611_979723103_n-001.jpg

カメラマンは、撮影モードに入れば、否応なしにシャッターを切っていく。 そんな中で、理屈じゃなく、こんな自分でよいのだ・・という”自信”を実感するようになる。 そこに、自己肯定感が生まれてくるわけである。

何らかの理由・原因で心を病んでいる人は多い。 私はこれまで、そのような女性を撮ってきました、それも、ヌードで。 あまり、理屈で解説するつもりはないが、「自己肯定感」を得られれば、解決まではいかなくとも、改善に向かうと信じている。 これは、過去、私が多くの女性をヌードで撮影した経験から”確証”している。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc5014-001.jpg

例えば、十代後半(ヌード撮影できるのは18歳以上)から二十代にかけて・・男性経験がない人が思った以上に多い(男性も同様)。 自分の裸体を人前に晒すことに慣れていない(性的経験がなければ当然)。 顔はもとより、全身ともなれば、何処かしこかにはコンプレックスがあり、現実はほとんどの人たちはコンプレックスだらけなのだが、それらを人前に晒すとなれば、大変な”勇気”がいるものだ。 このコンプレックスの主な要因は、(顔や体のパーツにおいて)他の人たちとは違っているのじゃないかという心配なのです。 違ってなくても、奇妙で醜いかもしれない・・と普段から思ってるのだ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc_5666.jpg

撮影が始まると、最初の20,30分間はモデルに緊張があることを感じるが、シャッターがひっきりなしに切れていく音を感じるからだろうか、自らがヌードであって、それがどんどん記録されていくことに慣れてしまうのか、ある種の”諦め”なのか、人前でヌードでいる自分は”異常事態”なのだが、そのことにマヒしてしまうのか・・・このような状況が”特別じゃない”ことに”身をもって知る”ことになる。 

1シーンを撮るのに30分くらい時間をかけるが、その後の休憩に入ると、撮り始めたときは緊張感があるが、とても寛いだ満足感のある表情に変わる。 「私でもよいのだ・・」という自己肯定感からくるものと思われる。

実際にあったことを具体的に記していこう・・

二十歳過ぎの女性であったが、自分のヌードを撮ってみたいという潜在的意識からなのか、ヌードになることで自分が変われる思ったからなのか、どのような理由で私に撮影を依頼してきたのは(聞きませんから)分かりません。 

スタジオで撮るということだが、私がどこの誰だかは分からないこともあって、付き添いの人とスタイリストを伴って撮影を始めた。 そもそも、ヌードで撮るということには決まってませんでしたから、私としては、様々なシチュエーションを想定して準備していました。 付き添いの方とスタイリストの方には別部屋で待っていただいて、撮影を始めました。 別部屋で待機していただいたのは、同姓でも見られることが恥ずかしいかもしれないことに気付かったからだ。 私は常にファインダーだけを覗いているので、彼女(モデルの女性)を観ているのは”カメラだけ”という状況になるし、そういう状況を意識的に作っていくことになる(私は)。 そうしないと、モデルは自らを曝け出さない・曝け出せない・・ヌードを単に肉体の殻として撮るのであれば、真の自己肯定感にはつながらない。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc_0014-1.jpg

私からの提案で・・ヌードになって薄い布を羽織って撮影してみよう!と。 撮影が始まり、布はなしにして、全くのヌードで撮影が進行していった。 (カメラマンへの助言だが・・全くのヌードのままでは、初心者はポージングが取れないので、何かを手に持たせて進めていくとよい)。 

20分ほど撮影が進んだところで休憩を取ることにした。 沈んだ感じで来られたモデルさんが、何かが吹っ切れたような明るい感じへと変貌していた。 それを見た付き添いの方が、私も撮ってみたいと言い始めた。 別部屋に移らず、モデルと付き添いとスタイリストと共に撮影は続行された。 (ちなみに、撮影後に編集してそれぞれの方へ「作品」として送るようにしている)。  3、4時間の撮影後、スタイリストをされた方から、日をあらためて、自分も撮影してみたいと言われた(もちろん、快諾した)。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc_4590-1.jpg

上のようなことは一つの例で、同様なことは何度かありました。 

よくある例が・・自分でたくさんの衣装を持ち込み、撮影を依頼してくるケースだ。 衣装の撮影だけで終わることもあるし、(状況が安心できると判断したのでしょう・・)ヌードに近い撮影もしてみたいと提案されることも多い。 これは私見だが、カメラの前に立ちたいと思う方は、ほとんどの女性はヌードでも撮りたいと思っている・・美しい自分のヌードを写真に残したいと。 ただ、安心して撮影でき、そのデータがしっかり保存されているという条件であること・・・データが外部に流失しないことが絶対条件ですが。

公開範囲・公開条件について・・撮影前に公開してよい画像と公開しない画像を確認する。 ここ(ブログ)で公開する場合は、露出度などを考慮して、前もって、公開してよいかどうか?確認することにしている。 また、ネームを入れてよいかどうか?タグ付けはしない方が良いかどうか?なども話し合って決めていくことになる。

公開しないという条件での撮影を受けることも多い。 海外での展示会であれば使用OKだが、国内ではNGであることもある。 プライベートなヌード撮影であったり、出張撮影であれば、有料となる。 

撮影日時:土曜日曜祭日の16:00~21:00

撮影のお問い合わせ:インスタ(tetsuro_higashi) の「メッセージ」

FBの「メッセンジャー」(https://www.facebook.com/profile.php?id=100012875112314)

Gmail:teh6452@gmail.comにお問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めて撮影依頼をされる方へ・・・とりあえず、SNSなどのメッセージでご連絡ください。 成城学園前駅にあるスタジオ撮影では、駅の改札に決められた時間に(私が)迎えに行きます。 撮影前に様々な事情・条件などを話し合ってから、撮影に入ります(様々なリスクを避けるためです)。 モデルと写真家の二人だけでスタジオ撮影しますので、安全と信頼関係が大切です。 そして、楽しく撮影しましょう! その上で、展示会へ出展できるようなアート的な作品にしましょう。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: fb_img_1612589772973-001.jpg

上の作品は、新潮社から出版される(ポエム&フォトグラフ)に使用。