誰にもその原因・理由の解らない”謎の30年”

何だか変だなぁ・・と思っていたことがあって。

「日本の空白の30年」というのがあって、

まあ、この国は30年間、ほぼ成長してないわけですね、

GDPが1990年から今日までずっと横ばいを続けている。

この国の潜在力(ポテンシャル)を考えてみれば、

原材料やエネルギーはほとんど輸入に頼っているわけで、

食糧の自給率は50%切ってるし、

資源や食料(農業)に関して言えば、ぜんぜん豊かではないわけです。

GDPも個人所得もそんなに高くなりようがないわけです。

政府の判断(舵取り)が間違っていた‥と言うようなことを

経済学者とか評論家みたいな人たちが盛んに言ってるわけです。

小泉政権下の竹中平蔵あたりから、財政支出をケチったからだとか・・

そして、今もそれが続いているとか・・

データを出しながら、もっともらしく叫んでるのです。

他の国々を見れば、確かにここ30年でGDPは2倍も3倍にも伸びているのですが、

それを、政府の判断(舵取り)が間違っていた‥というのは、

あまりに短絡過ぎて、データの見方も分かってないのじゃないか!と思うわけです。

私がそのデータを見て思うことは・・

日本の潜在力(ポテンシャル)を考慮すれば、

1990年くらいにピークに達していて、

既に”伸びしろ”がなかったのじゃないかな・・と思うのです。

他の国々は、発展のスピードが緩やかだったので、

現在に至っても成長していると考えれば良い・・と。

そもそも、GDPという”概念”は100年前に言われだしたことで、

経済規模の大きさを測る概念で、

その国が戦争したら、どれくらい強そうか・・という指標に過ぎないのです。

GDPを総人口で割れば、個人所得になるのですが、

個人所得が高いことと国民一人1人が幸せであるか・ということは別問題で、

”豊かである”ことと”お金持ちであること”をごっちゃにして考えてますね。

こういう話に反応するのは、50歳以上の方々で、

それは当然ですね、今、30歳の人から見れば、

生まれた時から現在に至るまで、金銭的には豊かになってないわけですし、

・・っで、それが当たり前だと思っているのです・

投稿者:

Tetsuro Higashi

I was born and brought up in Tokyo Japan. Now I teach mathematics . At age 20 I took up painting. I took up taking photos before 5 years. I have learned taking photos by myself . I grew up while watching ukiyo-e and have learned a lot from Sandro Botticelli , Pablo Picasso. Studying works of Rembrandt Hamensz . Van Rijn, I make up the light and shadow. * INTERNATIONAL PHOTO EXPO 2015 / 26 February ~ 31 March Piramid Sanat Istanbul, Turkey * World Contemporary Art 2015 Nobember Piramid Sanat Istanbul, Turkey * Festival Europeen de la Photo de Nu 06 ~ 16 May 2016 Solo exposition at palais de l archeveche arles, France *2016 Photo Beijing 13~26th October *Sponsored by Tetsuya Fukui 23 February - 02 March 2019 Cafe & Bar Reverse in Ginza,Tokyo,Japan *Salon de la Photo de Paris 8th – 10th – 11th 2019 directed by Rachel Hardouin *Photo Expo Setagaya April 2020 in Galerie #1317 *Exhibition NAKED 2020 in Himeji    Produce : Akiko Shinmura      Event Organizer : Audience Aresorate December 1th ~ 14th  2020