ネガティブ キャンペーン

「慰安婦問題」というのは、実際には存在しなかった・・というのが、

正しい歴史観として、再認識し始めている。

強制労働という「性の奴隷」ではなく、金銭取引が存在した「戦場の売春婦」。

展示会でイスタンブールに滞在した時、

「sex slave」という言い方があることを知りました。

戦前の日本人兵士がやったこととして・・

今、私が最も危惧していることは・・・

慰安婦像を全米各地で建てられ、

その後、オーストラリアでも同様なネガティブキャンペーンが広げられたこと。

これらは、現地の邦人(や法人)によって徐々に撤去されつつありますが、

今度は、ドイツ各地へ、同様なキャンペーンが行われ始めたこと。

ベルリン、ミュンヘンと、どんどん広がっていく気配なのだ・・・

このようなキャンペーンが

(ドイツでは)受け入れられやすいという”土壌”があること。

日本と同様な敗戦国であったこと。

この国では、自虐的な歴史観が背景にあることとは違って、

ドイツでは、そもそも、ヒットラーはオーストラリア出身であり、

敗戦後、ナチス党と共に葬り去られてますが、

日本では、(戦争)責任の所在があやふやなこと・・

オリンピックというスポーツの聖なる場において、

”福島産の食品は基準値を超える放射能汚染がある”という

ネガティブキャンペーンを他の国々に向けて始めているという。

オリンピックはスポーツの祭典であり、

政治利用の場ではない(オリンピック憲章にも明記)

福島産の食品に文句があるなら、食わなくてよいし、

速やかに国に帰りなさい・・ Go home !

投稿者: Tetsuro Higashi

I was born and brought up in Tokyo Japan. Now I teach mathematics . At age 20 I took up painting. I took up taking photos before 5 years. I have learned taking photos by myself . I grew up while watching ukiyo-e and have learned a lot from Sandro Botticelli , Pablo Picasso. Studying works of Rembrandt Hamensz . Van Rijn, I make up the light and shadow. * INTERNATIONAL PHOTO EXPO 2015 / 26 February ~ 31 March Piramid Sanat Istanbul, Turkey * World Contemporary Art 2015 Nobember Piramid Sanat Istanbul, Turkey * Festival Europeen de la Photo de Nu 06 ~ 16 May 2016 Solo exposition at palais de l archeveche arles, France *2016 Photo Beijing 13~26th October *Sponsored by Tetsuya Fukui 23 February - 02 March 2019 Cafe & Bar Reverse in Ginza,Tokyo,Japan *Salon de la Photo de Paris 8th – 10th – 11th 2019 directed by Rachel Hardouin *Photo Expo Setagaya April 2020 in Galerie #1317 *Exhibition NAKED 2020 in Himeji    Produce : Akiko Shinmura      Event Organizer : Audience Aresorate December 1th ~ 14th  2020