私の考える「良いモデル」

私の撮影における「良いモデル」、「良い作品になるモデル」

これは、あくまでも”私にとっての良いモデル”であって、一般論ではない。

キャリアのあるモデルに多いが、

体全体から細部に至るまで、その写り込みを知っており、

自分の長所を上手に見せることに長けている。

ライティングに関して、提案してくるモデルさえいるほどだ。

写り込みが、”私側のイメージ”に合わないことがあれば、

私からの注文も多くなる。

カメラのプレビュー画面を双方で確認しながらの撮影となる。

自然体で既に存在感・オーラがあり、魅せるモデルと言える。

プロ、アマチュアに関係なく、ポテンシャルが高いのは確かだが、

セッティングやロケーションを替えても、

写り込みが”いつもと一緒”ということにもなりかねない。

ダンサーであったり舞踊の心得がある。

自然体で”絵”になることもあり、とても撮り易い。

体全体での表現は優れているが、顔の表情に”演出”がない。

逆に、女優であれば”演出”には長けているが、

役の設定をしないと”表現する人”には成り切れない。

したがって、撮影前のコミュがとても大切。

もちろん、これら複数の要素を備えたモデルも多い。

私の勝手を言わせてもらえば・・・

美人であるとか、スタイルがよいとか・・は全く関係なくて・・

私が夢中になって撮れるようなモデルなのだろう。

知性と品性は不可欠、写真にはそれらがそのまま写り込んでしまうから。

アートに造詣が深ければなお良いことは言うまでもない。

投稿者: Tetsuro Higashi

I was born and brought up in Tokyo Japan. Now I teach mathematics . At age 20 I took up painting. I took up taking photos before 5 years. I have learned taking photos by myself . I grew up while watching ukiyo-e and have learned a lot from Sandro Botticelli , Pablo Picasso. Studying works of Rembrandt Hamensz . Van Rijn, I make up the light and shadow. * INTERNATIONAL PHOTO EXPO 2015 / 26 February ~ 31 March Piramid Sanat Istanbul, Turkey * World Contemporary Art 2015 Nobember Piramid Sanat Istanbul, Turkey * Festival Europeen de la Photo de Nu 06 ~ 16 May 2016 Solo exposition at palais de l archeveche arles, France *2016 Photo Beijing 13~26th October *Sponsored by Tetsuya Fukui 23 February - 02 March 2019 Cafe & Bar Reverse in Ginza,Tokyo,Japan *Salon de la Photo de Paris 8th – 10th – 11th 2019 directed by Rachel Hardouin *Photo Expo Setagaya April 2020 in Galerie #1317 *Exhibition NAKED 2020 in Himeji    Produce : Akiko Shinmura      Event Organizer : Audience Aresorate December 1th ~ 14th  2020