「戦争と平和」

「戦争と平和」 ナポレオンがロシアに進軍した当時の歴史小説? 作者:トルストイ

ワクチン接種を優先的に受けられる人たち、65歳以上が3000万人いるらしい。 この人たちの多くは、平和の対義語を戦争と認識している。 それは、現憲法の下で教育を受けてきた人たちにとって、戦争は悪で、出来れば非武装中立であれれば、それが理想だと考えるようなった。 現実は、米軍の核の傘にしたの仮の平和であるにもかかわらず。 戦後75年も続けて来て、これからも、このような状況が続くを期待している。 こんな状況はいつまでも続くわけはないが、自分が生きてる間はこの状態が続き(仮の)平和が保てれば、子供や孫の世代のことはどうでもよいと考えているのだろうか。

そもそも、65歳以上の3000万人の人の多くは、オールドメディアの偏向報道によって、正しい世界状況を知る機会を失っている。 21世紀に入った現在、「平和」の対義語は「戦争」ではなく「無秩序」です。 いわゆる、過去に行われて来たような戦争はこれからは存在しませんし、出来ません。 例えば、イエメンを例とれば分かりますが、サウジが推す政府軍とイランが後ろ盾になっている反政府軍が南北に分かれ内戦状態が続き、「無秩序」な状況に陥ってます。 政府軍と反政府軍、宗派間の争い、民族間の争いが続けば、そこは無秩序となり、難民にならざるおえない人たちが多く出てきます。 その難民を受け入れた国々には、新たな無秩序が生まれ、この無秩序の連鎖こそが現在の国際問題です。 中南米から押し寄せる難民を、アメリカとメキシコの国境で、バイデンはどうしようとしているのだろうか。

投稿者: Tetsuro Higashi

I was born and brought up in Tokyo Japan. Now I teach mathematics . At age 20 I took up painting. I took up taking photos before 5 years. I have learned taking photos by myself . I grew up while watching ukiyo-e and have learned a lot from Sandro Botticelli , Pablo Picasso. Studying works of Rembrandt Hamensz . Van Rijn, I make up the light and shadow. + INTERNATIONAL PHOTO EXPO 2015 / 26 February ~ 31 March Piramid Sanat Istanbul, Turkey + World Contemporary Art 2015 Nobember + Festival Europeen de la Photo de Nu 06 ~ 16 May 2016 Solo exposition at palais de l archeveche arles, France +2016 Photo Beijing 13~26th October Group exhibitions ..... *Anna Uchiyama’s first exhibition as an artist model . 25 October - 11 November 2018 New Jorg Gallery in Belgium + Galerie Rachel Hardouin + 15 curiosity + experiences presents Anna Uchiyama (in Paris , France) from November 2018 6th to December 1rst *Sponsored by Tetsuya Fukui 23 February - 02 March 2019 Cafe & Bar Reverse in Ginza,Tokyo,Japan *Salon de la Photo de Paris 8th – 10th – 11th 2019 * Anna Uchiyama Photo-Exhibition Galerie 15 Art Director : Rachel Hardouin November 6th ~ December 15th 2019 Galerie 15 Martel :15 rue Martel 75010 Paris *L’Eurydice : 79 Rue du Cardinal Lemoine, 75005 Paris Photo-Exhibition 13th November 2019 ~ 15th January 2020